bb01
俺は高校の時にクラスで一緒になったギャル系の3人組の1人と付き合っていた。もちろんエッチはしていたが、半年くらいで別れた。

その後、元カノの友達だった同級生2人と仲良くなって、放課後の図書室や準備室でグダグダ喋ってたり、たまに勉強するようになっていた。

そのうち話の話題もエッチの事が増えて、元カノから情報を共有していたらしく、俺が早漏だったことも把握されて馬鹿にされていた。

でも、元カノとエッチしていた時に意地になって、舐めたり指マンで何度もイカせていたので、同級生女2人も興味があったみたい。エッチの話をした後日、1人に呼び出されてクンニと指でイカせる実演をした。

翌週には、もう1人にもクンニをしたことで、いつの間にか2人の性処理をする舐め犬になって、ご褒美に挿入以外で抜いてもらえる関係になっていった。

そのうちマンネリ化した所で、生意気な後輩女を懲らしめるという話で、同級生女2人に促されて、クンニと指マンで潮を吹かせた。

そうしたら仲が悪かったはずなのに、俺達の仲間になっていて、性処理をすることが何回もあった。そんな体験談。


元カノの友達だった同級生女2人と親しくなった

高1の時、クラスでちょっとギャル入った3人組の1人と付き合ってた。容姿はチビでチョイポチャの割には胸がそれほどもないという、あまりおいしくないスペックだったが、残りの二人はかわいい。

チョイポチャA子とは半年ほどで別れる。A子、もう出番なしで、高2になると3人のうちの1人、彩とクラスが一緒になった。彩はBカプくらいのスレンダー。

A子を通して仲良くしてたので、高2のクラスでもよく一緒にいた。3人組のもう1人の恭子は、太ってはいないが彩よりムッチリしていてFカプの爆乳。彩と恭子はバレー部で二人とも身長は160超。

恭子は高1で膝を怪我をして、練習に参加しないうちにマネージャー扱いになっていて、クラスが離れても仲良しだったが、A子と関係が切れていた。

高1の時から彩も恭子も成績は良くて、授業とかサボってもお咎めなし。 部活は強くもなく、放課後も自由にしてた。

2年になって1年の時に仲良かったよしみで、彩と俺は図書委員になった。2週間に1回程度、放課後に図書室で仕事が割り当てられた。彩は部活をサボる理由が欲しかっただけらしい。

マネージャーで暇な恭子と3人で図書室や準備室でグダグダ喋ってたり、たまに勉強してたりした。この辺り、二人とも要領も良かった。

当然のように高校の時に話すことなんてそのうちエロ話になる訳なんだが、彩と恭子は処女ではない。俺のことはA子から話を聞いてようで、童貞卒業から何をしてきたか全部知られていた。

俺は早漏だということでバカにされていたが、それを自虐ネタで笑いを取っていた。実はイクのが早かったけど、その分意地になって指と舌でA子を逝かせていた。もちろん、それもバレている。

ある時、イクとは何か?みたいな話になった。彩は今は彼なし。年上の彼氏にイカされたことはあるらしい。恭子は2人目の彼氏がいたが、イッたことはない。俺は、A子をイカせた話をしていた。その日は相当盛り上がった。

スレンダーな同級生女をクンニと指マンで連続イキ

翌日の放課後、彩に呼ばれて校舎の隅の方に連れて行かれた。彩も恭子も抜け目ないので、証拠を残すようなメールはしてこない。秘密にしたいことだと、すぐに気付いた。

話を聞くと、昨日のエロ話でイかせて欲しくなったとか。正確には、今彼氏ないけど、イクにはどうすればいいかな?という内容だったけど、して欲しいようで遠回しに誘導された。

マンコを舐めるのは好きだった俺は、彩をイカす事ができると思うとオラわくわくすっぞと悟空状態。彩はトイレでパンツ脱いで、誰もこない屋上への階段に向う。

階段では短いスカートからノーパンの小ぶりのお尻が見える。覗いても怒られなかった。笑いながら「男子ってそういうの好きだよね」と言われるくらい。

そして目的の場所に着くと、彩の部活用のタオルを床に敷いて、足広げて舐めはじめた。心待ちにしてたのか、彩のアソコはもうトロトロ。トイレで入念に洗ったようで、臭いもなかった。

指を入れると、彩は一瞬大き目の声を漏らしたが、口に手を当ててガマン。しばらくすると、声をガマンしてヒクヒクと体を震わせて逝った。

もう、大絶賛。その週はもう1回、頼まれた。連続イキ状態になった彩は3回は逝ったと嬉しそうにしてた。報酬は彩の手コキ。もちろん俺は一瞬でイカされたw

爆乳同級生のマンコを舐めて3回目でイカせた

翌週の図書室。恭子は彩からきいていて、質問攻めにあった。俺の知ってる彼氏のいる恭子だが、彩は巧に恭子から罪悪感を消すようなことをいう。

結局そのまま、図書準備室の奥の小部屋で恭子を舐めた。恭子はイカなかったが、それでも今までで1番良かったし、もう少しで何かきそうだったらしい。

俺が分かったのは、人によってかなり違うことが分かった。ちなみに恭子には、胸を好きに触らせてもらった。恭子の爆乳を堪能した俺は勃起が収まらず、彩に抜いてもらう。これはツケにされたw

その後、恭子は3回目で逝けるようになった。イキ方も人によって違うとわかった。恭子はいつイったのか分からないような、イキ方をする。

その後、俺たちは片方を見張りにして、週2、3回はしてた。1度、生理の日も頼まれて、処理にとんでもないことになった。臭いも酷く、血が制服についた。この日は申し訳なさそうにしていたが、話のネタになった。

他にも、彩は手マンで膀胱炎になった。病院で清潔にするよう言われたようで、俺は指にゴムを被せてするようになった。

そのうち彩は恭子のイク姿を見たいということになり、いつの間にかお互いの前でイクことに慣れてしまった。彩と恭子は他の友達から聞いた女子同士のエロい話をいつも報告してくれた。

図書室でシモネタを調べたりもした。結論は、昔からオナニーをしてるとイキやすいということだった。そして、女子はオナニーしてない子も半分はいるので、なかなかイカない子もいる。

事実、彩は小学生の時にオナニーを覚え週1以上してる。恭子はオナニーはしていないらしい。彩も恭子も勉強はできるせいか、好奇心旺盛でいろいろ知識が増えた。

俺は2人に要求されて潮も吹かすことができるようになったが、女子の方の体力(俺たちはマン力と言っていた)を使うけど、あまり気持ち良くなく、処理が大変ということで、あまりしなかった。

他には誰もいない教室の外に片方を見張りにして、窓から外を眺めながらイケるか?とか試してた。3人でいる時は、俺に自由に体を触らせてくれた。

彩の太腿からお尻に手を這わせる時に、いつまでたってもパンツの布の感触がない。Tバックだった訳だが、感激したら二人とも、よく履いてくれるようになった。

慣れると感激は半減するものだと話すと、いつもはしてこなくなった。スポーツブラを希望したら、本当に着てくれた。恭子の彼氏は野球部で、朝錬から始まり、遅くまで練習していた。だから、バレることはない。

2人から俺の早漏を治そうと、いろいろ試されたりもした。イキそうになったら止められて、それの繰り返し。刺激にはかなり強くなるけど、本質は変わらない。ガマンしないとすぐ出る。

俺は2人の性処理してたと言えば、そうかもしれない。でも、俺も楽しんでいたし、話す時間の方が長かった。ゲーセンやカラオケ、服屋に行くようなことの1つのような感覚だったと思う。

彩と恭子とはたくさんエロイことしたので、そのうちマンネリしてくる。

後輩女の処女マンをクンニと指マンで潮吹き

ある時、バレー部の後輩で生意気な奴がいるという話になった。今となっては笑えるが、シメルことを任された彩と恭子は、土曜日に部員を帰らせた後、部室で説教。

2人で押さえつけて目隠しした後、呼ばれて部室棟の外れにいた俺に連絡してきた。静かに扉を開けて部屋に入る。2人は後輩に、今までの経験を質問していた。

オナニーは月1くらいで処女。ちなみに、生意気だという理由は彼氏とイチャイチャしていたから。本当のところ、学年で1番かわいいと噂されていたので、嫉妬されたんだと思う。

俺も、そこに負けて頼みを聞いてしまった。臆病な俺は、そういうのに手を貸したくはない。脱がすと抵抗は激しくなるが、そこは2人がなんとかしてくれた。

後輩の上下、水色の豹柄下着に彩も恭子も、「何、着てるんだよ」みたいに突っ込んでいた。つーか、おまえらももっとすごいの履いてるだろ、と思いつつ、後輩には似合っていた。

練習後でくさいアソコはイヤなので、ウェットティッシュで拭き拭きする。その辺りから声が変わってきた。抵抗がなくなると、彩が見張りになってくれた。

さすがに、運動後なので完全に臭いは取れなかったが、かわいい後輩だったのでガマンしてクリを舐めあげる。処女だと聞いたので、指は1本でゆっくりと入れた。

奥の方まで入れてもゆっくり動かした。イク為のコツを掴んでいる恭子や彩と違って、いまいち分からない。とにかく優しくクリを舐めた。

長く舐めていると、脚の力が変化みられたので、クリを強めに吸いつつ、指を早く動かす。一気に脚が上がり、徐々にクリと指を早く動かした。

「ハっ、ハッ、ッハッ、ッハッ」泣き声のような過呼吸が聞こえて、脚をガクガクさせてイッた。

「やっぱり、オナニーしてるとイッちゃうんだね」と恭子が納得したように言った。後輩が落ち着くと、潮吹かせる姿勢をとらせる為に立たせた。

恭子と彩はオシッコをガマンできない体勢が、潮を吹きやすいと考えていた。後輩の足を開き、俺は手マンを開始。

「ぅぅっ、ぅぅっくぅ」
耐えるような声。
「彩、大丈夫?」
「大丈夫、誰もいないよ」

部室の外の彩に、確認の取れた恭子は後輩の口元から手を離した。「誰もいないって。声、ガマンしなくいいよ」いつも聞く優しい声だった。今までの説教ムードから一転した恭子。逆に女の怖さを感じた。

後輩はせきが切れたように声を出した。「ああああん、あっ、あっ、ああああん」大声で喘ぐ。その後、内腿を伝って大量の潮を吹いた。部室の床は、黒い水溜りがたくさんできていた。

ぐったりした後輩は2人に任せて、俺は静かに部室を後にした。

彩も恭子も大満足後輩には俺のことは伏せていた。だけど、後輩にしてみれば、当然3人目に気付いていて、誰か気になっていたようだ。

女子とは不思議なもので、その後、後輩と2人は仲良くしていた。そのうち、俺たちの輪の中に入ってきて、何回かイカせた。

別件で生意気な奴をシメルということで、さらに2人するよう頼まれたが、あと1人だけした。かわいそうになったのが理由だったけど、可愛くなかったのも大きな理由だった。

毎週のようにイカせあった俺たちだが、恭子も彩も俺と付き合うことはなかった。恭子はセックスは彼氏以外とすることには抵抗があったようで、最後までセックスはなかった。

ただ彩とは1度だけした。「本当に三擦り半だ」と笑われ、「やっぱり、あんたは舐め専門だよ」散々言われた。俺も笑って答えた。

その後、彩も恭子も進学して、ばらばらになった。地元に残った俺は、いろいろあってかわいい後輩とは続いた。あの体験は、あまりに衝撃だったようだ。

この子とは付き合ってみると、実は物凄く尽くしてくれる良い子だった。「私を気持ちよくさせてくれるから、先輩はソープ嬢のように私を使ってください」といっているが、ソープ嬢が何かよく分かっていないw

彩や恭子から変なところだけ、聞いていたようだった。

こんな感じで高校時代は以上でした。

元スレ:ttp://venus.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1247467405/