1
女子大生だった時に酔った勢いで大好きだった先輩とSEXした後、1回目のことが忘れられない私は悶々した日々を過ごしていた。

だけど、我慢の限界で理由を付けて電話して、声を聞いたら下半身がジンジンして堪らない。だから誘うように家に来てもらい、玄関に出迎えた瞬間、自分の方から抱きついてキスを求めていた。

お互いに貪るようにディープキスをしてるうちにエッチに突入。獣のように求め合った。その後、動けるようになってからシャワーを浴びて、2人でマッタリした時間を過ごした。

途中でベランダに出て涼んでいたら、今度は先輩の方から求めてきて、後ろから抱きしめられた格好で愛撫された。誰かに見られるかもしれないという羞恥心と味わった私のアソコは濡れまくっていた。

結局、我慢が出来なくなって、懇願してベッドへ移動してもらい、四つん這いで一気に突かれて感じまくり声を上げまくった。そんな体験談。

バイトの送別会で好きだった先輩を誘わせ性欲全開でSEXしたったw
http://erogazosk.gger.jp/archives/40408183.html

酔った勢いで大好きだった先輩とSEXした後は私から誘ってやったったw
http://erogazosk.gger.jp/archives/40613328.html


エッチ後にマッタリしてベランダに涼みに出た

久しぶだったNさんとのセックスが終わった後、少しの間ぐったりとベッドに横たわり、動けずにいましたが、がんばって、上半身だけベッドから伸ばして、ティッシュの箱を取ると、Nさんの胸の上にのせました。

Nさんは私に背を向けて、コンドームをはずし、ティッシュに包んで、そばに置いてあったゴミ箱に投げ入れました。

私は、汗でベタベタになっていたので、シャワーを使おうと思い、起き上がって、ベッドからおりたのですが、立ち上がった瞬間、思うように、足腰に力が入らず、ふらふらして、ベッドに倒れこむようになってしまいました。

Nさんは、「大丈夫?」と言い、「立てないぐらい腰をつかっちゃったのかな?」と笑っていました。「バカ(照)」私はNさんを軽く小突くと、もう一度立ち上がり、シャワーに入りました。

バスタオルを巻きつけてバスルームから出ると、ベッドにこしかけて、タバコを吸っていたNさんに、「シャワーつかう?」と声をかけました。

Nさんはたばこを消して立ち上がり、私のバスタオルを引っぱって取ると、「もう、かくさなくていいじゃん。」と笑い、そのバスタオルを自分の腰に巻いて、バスルームに入っていきました。

Nさんがシャワーを浴びている間に、私はチェストから、下着とTシャツを出して身に付け、NさんにもバスタオルをTシャツを出し、バスルームの扉に掛けて、中のNさんに、「タオルとTシャツ置いとくよ」と、声をかけました。

用意したTシャツは、実は、前の彼氏のために買ってあったものでした。

Nさんは、私が置いたバスタオルを使い、Tシャツを着ると、私が着るにはあまりにも大きすぎるTシャツに、何かピンとくるものがあったのか、「Aちゃん、こんな大きいの着るんだ?」といたずらっぽく笑いました。

私は「えーっ・・・でもこれ新品だし。いいよ、あげるよ。」と答えになっていない言葉でごまかしました。

それからしばらくは二人で、すっかりぬるくなってしまったビールを飲みながら、私の好きなバンドのライブビデオを見ていましたが、ふいにNさんが、カーテンをしてある窓の方を気にして、「ベランダ、あるんだ?」と聞きました。

私が頷くと、「外の風にあたりたいなぁ。出てもいい?」と言い、私が答える前に、カーテンを開け、ベランダに出てしまいました。

「Aちゃんもおいでよ。涼しくて気持ちいいよ。」とNさんが誘うので、私は玄関にミュールを取りにいき、それをつっかけてベランダに出ました。

ベランダで胸を露出して愛撫され下着に染みを作った

「ほんとだ。もう夜は涼しいね。」などと話しながら、二人でしばらく風にあたっていると、Nさんは後ろから私を抱きしめてきました。

Nさんは、Tシャツの裾をめくるようにして、腰の辺りを撫でます。Tシャツの下は下着しか着けていません。

「なんだ。下着はきかえちゃったんだ。」耳元で囁かれます。「だって・・・もうはけないよ。洗わなくっちゃ。」私は、どんどん上に上がってくるNさんの手に意識がいってしまい、気もそぞろで答えました。

「ちょ・・・ちょっと、やめて・・・こんなところで・・・見られちゃうよぉ・・・。」

当時、私が住んでいたところは、大きい道路沿いのマンションでした。道路からは一番奥まった場所の、最上階の4Fに部屋はありましたが、ちょっと横を見れば、深夜でも交通量のかなりある道路でした。

前には戸建ての住宅が並んでいて、まだカーテンからあかりがもれている部屋もちらほらあります。

「誰か見てるかもな・・・。ベランダで、こんなカッコしてるAちゃんのこと・・・。」そうNさんは言って、さらにTシャツをたくしあげ、私の乳首をきゅっとつまみます。

「はぁ・・・んっ・・・」私は、ため息とも喘ぎともつかない声をもらしてしまいました。Nさんのもう一方の手は、滑るように腰から割れ目に移動しました。また、上下になぞられます。

「もう、すごく熱くなってるよ・・・。こんなところで感じちゃってるんだ・・・ほんとにいやらしいね。Aちゃんは。」Nさんは、私の耳を噛みながら、言います。

「ん・・・んんっ・・・」私が声を抑えるために、ぎゅっと唇を噛みしめていると、「もう、下着が濡れてきてるよ・・・。これじゃあ何回替えてもだめだね・・・」Nさんは、声を我慢している私で楽しむように、さらに指を強くしました。

「ん・・・ぅう~ん・・・」もう、それ以上たえられなくなり、私は、身をよじって、Nさんを振り返り、「お願い・・・もうベッドに連れてって・・・。」と頼みました。

後背位で一気に入れられ正常位で腹射された

その後、ベッドの上でNさんは、私の下着を剥ぎ取るようにすると、四つん這いの姿勢をとらせました。そしてNさんは後ろから一気に入れてきました。

「・・・!」私の頭が一瞬真っ白になりました。「・・・だめ・・・いきなり・・・あんっ・・・あぁ・・・や・・・いやっ・・・」腰を掴まれ、深く突かれて、私はおかしくなりそうでした。

「なんでイヤなの?ここ・・・こんなにして。気持ちいいならイイって言わなきゃダメだよ・・・。」突かれるのと同時にクリもいじりながら、Nさんは言います。

「あんっ・・・いい・・・すごい・・・も・・・もっと、して・・・あっ、あぁ~ん!」あまりの気持ちよさに私はNさんに腰を突き出し、声をあげました。

しばらく後ろからせめた後、Nさんは、私を仰向けにして、今度は正常位で入れてきました。感じすぎて、涙が出てしまっている私に、Nさんは優しくキスをしてくれ、「ごめん・・・ちょっといじめすぎた・・・。怒っちゃった?」と言いました。

私は首を横に振り、「ううん・・・。いつものNさんとは別人みたいで、最初はどうしようって思ったけど・・・。」そしてNさんの首に抱きつき、耳元に口を寄せて、「でも、すごく、感じちゃった。」と小声で言いました。

それからNさんがゆっくり動き出すと、まただんだん気持ちよくなってきてしまいました。声も出てしまいます。Nさんは私の髪を撫でながら、「やっぱり、最後はAちゃんの感じてる顔を見ながらしたいよ・・・。」と動きを少しずつ激しくしていきました。

Nさんの腰の動きが激しくなるにつれて、「あぁ・・・ん あっ・・・んんっ。」と私の声も大きくなっていくみたいでした。

「Aの・・・すごくいいよ・・・俺・・・もういきそう。」と、はじめて名前を呼び捨てされ、なんだかそれに感じてしまいました。

そのうち「あっ・・・あぁ・・・ん。Nさんいきそうなの?いいよ・・・いって・・・。」私もNさんの動きにあわせて腰を動かすと、Nさんは何度か出し入れして、私から抜きました。そして私のおなかの上で放出しました。

私のおなかの上に熱くて、どろっとしたものがたくさん出ていました。

その晩は、興奮していたのでしょうか、全く眠くなく、外が明るくなりはじめるまで、抱き合っていました。結局翌日もけっこうな時間まで服を着ることがなかったです(笑)
 
こうしてNさんとの二晩目は過ぎました。


JDの時に病院のトイレでフェラチオして初めて口射で受け止めたw
http://erogazosk.gger.jp/archives/44948940.html


元スレ:ttp://sakura01.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1122729903/