1
嫁と女友達の3人で温泉旅行に行った時に、貸切露天風呂で女友達と一線を越えてしまった。その後は特に何も無かったけど、しばらく経って同じメンバーで今度は長野の某旅館に行った。

Hな展開を期待していたけど、部屋で飲んでいたら女友達と嫁で男の愚痴り大会みたいになった。酔が回った頃に1人で温泉に入っていたら露天風呂から貸し切り風呂でカップルがHする音が聞こえて妙に興奮を覚えた。

そんな時に女風呂から女友達の声が聞こえてきて、思わず覗き見すると、水着跡が生々しい日焼けした体に欲情してシコシコ扱いて射精しちゃった。1回スッキリして賢者タイムに入った俺は少し冷静になって部屋に戻った。

そこには、俺が隠して持ってきた酒を飲んで少し出来上がっている嫁がいた。話の流れでお風呂を勧めると嫁が温泉に入りに行って、女友達と2人きりになった。

その時に抱きつかれて好きになった事を告げられた俺は止まることが出来ずに布団に押し倒した。そのまま69でお互いの性器を愛撫して正常位で生挿入からあっという間に中で果てちゃった。そんな体験談。

温泉旅行で嫁の友達だった27歳の女と貸切露天でSEXしたったw
http://erogazosk.gger.jp/archives/42707145.html



貸し切り風呂から聞こえるHな音に興奮した俺

長野の某旅館に嫁さんと嫁友達のKちゃんと行ってきました。元々予定していた旅館に貸し切り風呂がなかったので、思い切って変更しました。

奥さんには 「こっちのが蕎麦がうまそうだ」 と言い、Kちゃんには 「貸し切り露天風呂のあるところに変えた」 とメールにて伝えました。

その後2日ほど返事が来ないと思っていたら実は先日、Kちゃんは彼氏が出来たんです。でも旅行の方はもう、ずっと楽しみにしてたから行きます、と言ってました。

さてどうなる事やら・・・と思いつつ長野に温泉旅行に行って旅館に着いた。そこは部屋飯じゃなかったので、隠し持って来た酒が飯時に飲めない。高くつくが、仕方なく焼酎吉四六を一本俺専用に頼んだ。

嫁さんとKちゃんはグラスワイン赤白をそれぞれ一杯ずつ、て感じでした。 部屋に帰って俺は吉四六の残りを、嫁さんとKちゃんは持ち込んだ缶チューハイを飲みながら、あれこれ喋ってた。

話題は次第にKちゃんの彼氏の話へ・・・。 その時点で酔ってたのは俺だけ、みたいな状況でした。嫁さんとKちゃん二人で、男に対する愚痴話で盛り上がっているので、俺はテレビ番組を肴に 『今回はなんもないかな~?』 などと、考えていました。

すると突然Kちゃんが 「でも私、やっぱり俺君みたいな感じの人がタイプやわ!」 と言ったので、話の流れを聞いていなかった俺は焼酎を吹いてしまった。

それを見て大笑いしている二人に、俺は少々むかついてしまい、 「風呂行ってくるわ」 と言い残して部屋を出ました。

うちらの泊まっていた部屋の窓からは、風呂の入口がちょうど見える位置だった。男風呂の扉の前に着いたら、部屋の窓からKちゃんが 「ごめ~ん!」 と声をかけてきた。

俺は何を思ったか、レイザーラモンHGの真似で「フー!」 と言いつつ腰を振りながら背中に笑い声を聞きつつ風呂場に入った。

中に入ると、どうやら俺一人の貸し切り状態のようだった。早速露天風呂へ向かった。すると、男湯の露天の竹垣に隣接している貸し切り風呂の方から声が聞こえた。

「ちょっと、聞こえるよ・・・あんっ!」 Hな展開はほとんどあきらめていた俺は元を取ろうと(何の!)イスで階段をそりゃもうすごいスピードで作りあげた。

忍び足で階段を登り、竹垣の上から覗き込む。 何と言う事だ、貸し切り風呂は露天風呂じゃなかった!しかし風呂の窓が全開だったので、声はよく聞こえてきた。

聞こえて来る音から察するに、洗い場でやってるんだろうと思った。そのうちこれは覗くのは無理だな、とイスを片付けながらも声だけは聞いていた。

パンパンいう音と、それに合せるようなあえぎ声に、すっかり欲情モードに入った時だった。ガラガラガラ、と扉の開く音がした。湯船に下半身を隠して様子を伺う。

すると女湯の方だ。程なくKちゃんの声がした。

K「俺君大丈夫~?」
俺「ぬるいから大丈夫やで。あれ、一人?」
K「そう、貸し切りやで~!〇さんテレビ見てる」

露天風呂の湯はとてもぬるいので、のぼせるような事はない。 大体、さっきまで湯にすら入ってなかったんだがw

水着跡が生々しい女友達の裸に欲情してオナニーした

よく見ると男湯と女湯の露天風呂の間にも竹垣がある。竹垣、といってもプラスチックでできたダミーなので、残念ながら隙間が全くない。

しばらくはその竹垣にもたれる形で話していた。ふと見ると竹垣の中央部分に、石でできた、なんて言うのかお湯が出て来るところがある。そこを覗き込んでみた。

トンネル状になったその先に、Kちゃんが湯船のへりに座っている姿が見えた。それを見ながらオナニーを開始。酔いはすっかり覚めていた。

いきなり会話が止まったのを変に感じたのか、Kちゃんはこっちに向き直り、上の方を見ながら段々こっちに近付いて来る・・・。完全に素っ裸だ

俺に見られているとも知らず・・・ 彼女の裸を見るのはこれで3回目だ。一度目は岐阜の温泉で。これは前回書き込んだ時の事です。二度目はまあ、色々あったのですが長くなるので省きます。

そして今回。やっぱりイイ!!普段の彼女からは想像できないくらい、魅力的な身体をしている。痩せてはいないけど、ひき締まっている。

胸もちょうどいい大きさだし、水着の日焼け跡がやけにエロい。もう我慢できなくなって、手の平に射精してしまった。

その後、内風呂の方に手を洗いに行くと、若い兄ちゃんが一人入ってきた。どうやらさっきまで貸し切り風呂にいたカップルの男のようだ。露天風呂の方にまた戻ると、その兄ちゃんも来た。

黙ってるのも何なんで話していると、隣りからもKちゃんとカップルの女と思われる人の会話が聞こえてきた。

俺「Kちゃん、俺そろそろ出るわ」
K「あ、俺君待って、私も出る~」

そんな会話をしたらカップルの男に「彼女さんですか?」と聞かれたので、俺は「ええ、まあそうですね」 などと、説明するのも面倒だったのでそう答えた。

男は「それだったら隣りの貸し切り風呂良かったですよ?今僕ら出てきたばっかりなんで空いてると思うし・・・」 と言ってくる。

俺は「あ、ホント?じゃあちょっと行ってみようかな?」 そんな会話をした後に浴衣を着て外へ出ると、泊まっている部屋が見えた。嫁さんが俺を見つけて手を振っていた。

嫁が居ない間に部屋で女友達とSEXして中で果てた

ちょっと放ったらかしにし過ぎたなと思い、Kちゃんが出て来るのを待って一旦部屋に帰る事にした。 一回抜いたので冷静に物事が判断できる。

嫁さんは一人でテレビを見ながら、俺が飲むつもりでカバンに忍ばせていた泡盛をちびちびやっていたようだ。 かなりきつい酒だったけど、すっかりいい感じに仕上がっているので、早く風呂行って来いよと言った。

嫁「え~?Kちゃんと二人っきりにしたら襲うんちゃうん?」 それを聞いてKちゃんは明らかに動揺していた。

俺「当たり前やん、襲うよそんなもん!」
K「嘘やん!絶対ないわ!有り得へん!」
嫁「なんか怪しいわ~、まあいいわ、すぐ出てきたんねん!」

お、ほんまに行くんやコイツと思った。そしてマジで二人きりになった時Kちゃんが言った。

K「さっきお風呂で私の事彼女やって、言ってたでしょう?」
俺「ああ、あれはもしそうやったらいいな、ていう事やんかw」
K「・・・・・・せこいねん俺君は」
K「絶対に付き合われへんのにいっつもそんなんばっかり言うの」
俺「Kちゃんも今、彼氏おるんやからいいやんか」
俺「ほら、お互い様って事で・・・」
K「私、俺君の事ほんまに好きになってんねんで?」
K「カレと居てる時もこの人が俺君やったらどうなんやろうとか・・・」

そこまで言って、Kちゃんは俺に抱き付いてきた。思わず俺は浴衣の袖口から手を入れて胸を触りながらキスをした。

「んっ!」 Kちゃんの可愛い声が部屋に響く。 さっき抜いたばかりなのに、俺はすでにビンビンになっている。そのまま川の字に敷かれている布団にゆっくり押し倒すと、抵抗する力も消えた。

浴衣の下に何も付けていないのは、なんとなくわかっていた。脱がさずに両手でKちゃんの足を上げて、アソコに顔を近付けると微かに石鹸の匂いがする。

「Kちゃんの、いい匂いやな」 と言うと、聞き取れないほど小さな声で何か言った。いつからなのかわからないが、もう指がすんなり入るくらい濡れている。

クリトリスを舐めながら指を挿れつつ、俺は下半身をKちゃんの口元にもって行った。彼女は本当に、一生懸命にフェラしてくれる。

俺は手を休めてしばらく快感に身を任せていた。 竿を手でしごきながら、玉を口に含む。それだけでまたすぐにイキそうになるので、こちらも負けじと応戦する。

クリトリスに舌先が少し触れるだけで、彼女の動きが鈍ってしまうのがたまらなく愛しい。

K「〇〇さん(嫁の事ね)帰ってきちゃうね・・・」
俺「付けてるヒマないけど、いいの?」

そう言うと Kちゃんはコクリとうなずく。すぐに正常位でゆっくりと挿入する。浴衣がはだけて胸が見えた。乳首を舐め、クリトリスを指で刺激しながら腰を動かすと、驚くほど大きな声をあげた。

キスして口を塞ぐとKちゃんの方から舌を絡めてくる。それに異様な興奮を覚えた俺は、キスしたまま腰の動きを一気に早めた。

Kちゃんを気持ち良くさせる予定が大幅に狂い、シチュエーションに興奮した俺の方が耐えられなくなってしまった。

「やばい、もう出そう・・・」 と言って腰を引こうとしたら 「あっまだダメ!」 と言って足を絡めてきたので間に合わず、思わず中に出してしまった・・・。

「あ・・・ご、ごめん!」 慌てて引き抜くと、溢れ出て来る精液をタオルで拭いた。どさくさに紛れて(・・・とここでも言うのだろうか)Kちゃんはしっかりイッていたようだ。

K「・・・もう一回お風呂行ってこよっかな?」
俺「あ、うん。しっかり洗って来て?」
K「あほ!」

嫁さんとKちゃんが一緒に帰って来るまでの間、もしできてしまったらどうするとか、色々考えてしまった。この事に関しては杞憂に終わったのだが・・・。

こうして文章に起こすと時間の経過がわからないけど、実際にHしてたのは10分くらいだったと思う。 風呂入ってた時間にしても、30分も経ってなかった。


元スレ:ttp://sakura01.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1124083831/