bb01
今思えば学生時代は、最初に友達になる奴は自分の席の近くの奴から次第に仲良くなって友達が増えていくよな。

高校の時には、俺の席の前の女の子と仲良くなって、休み時間や放課後とかにも、くだらない話を他の女友達も加わってよく喋っていた。

少し前にテレビで放送された「まさかのタメ年トークバラエティーのビックラコイタ箱」で俳優の三浦涼介が中学時代に授業中に女子と手紙のやり取りをしていた事を話していた。

その時に安室奈美恵の大ファンで好きすぎて安室ちゃんのデフォルメした絵を描いていた事が同級生の手紙で暴露された。

本人も「女子と遊んでいたため男子にはぶかれてる感はあった」と語っていたけど、俺も中学の時は絵の交換みたいなやり取りを女子2人とやっていて、男子からはからかわれる事が多かった。

だから女の子から男として見られてない感じもあって、目がキラキラで可愛いと今は薬剤師になった女友達に会うたびに言われた事もあった。

高校のある日の放課後に、同級生の女の子といつものように話をしていたら部活に行く時間になって目の前で着替えやがった。

その後にも突っ込んだ下ネタの話から「俺君やったら裸を見せてあげても平気やで」と言われて、動揺する俺を見ながら「純情やなー」と構ってくる。

そんな良い友達関係が続き、女の子の家でテスト勉強をした後、話の流れから同級生のおっぱいを触らせてもらった。

柔らかい胸の感触に興奮した俺は下半身に手を伸ばし、ジーンズ越しからパンツ、そして中に手を入れて直接マンコやクリトリスを弄りまくった。そんな体験談。


高校の同級生女が目の間で着替え始めた

高校の時、放課後に女の子2人と俺1人で教室で話をしていた。女の子の1人はその後部活があって、服を着替えなければいけなかった。

もちろん俺は部室で着替えるもんだと思っていたのだが、なんとびっくり、なんということでしょう~俺がいるのに教室で着替え始めた。いくら教室に3人しかいないとはいえ、男がいるのに・・・。

そんで、その子は普通に着替えながら俺に話しかけてくる。もしかしてだけど~X2、それってオイラに気があるんじゃないの?それとも、男としてみなされてないってやつだよな・・・。

そんな事を考えていたら目の前で女の子がブラジャをはずしだした。「なっ!!なんでやねん!!」と頭の中で叫ぶ。すると女の子はカバンからスポーツブラをとりだしてつけた。

なるほどと感心していると、さすがに短パンはスカートをはいたまま着ていたのでパンチーは拝めなかった。その日はまあそれだけで終わり、当然のように目に焼き付けたお陰で夜のオカズに苦労しなかった。

女子校生のいい匂いに思わずクンカクンカした

そしてある日、俺は放課後、17時からの講習会のために教室で1人予習というかぼーっとしていた。するとふっとその子が登場。そうか、この子も講習うけるんだと思った。

それで俺の席の前に座って勉強しはじめ、途中に自然に下敷で扇ぎ始めた。もう女子高生のあまい、プチすっぱいなんともセクシーなニオイが俺の鼻を直撃するわけだ。もう粗チンも暴れて机にがつがつあたる。

そこで俺は今考えても全く理解できない行動をとる。「ああー○○さん、すごいいいニオイがするー」と言って顔を近づけてクンクンと匂いを嗅ぎ初めてしまった。その子の「ゲゲゲッ!!」という顔が忘れられない。

俺が素に戻った時にしまった!!なんてことをしてしまったのだ!などとパニくっていると、その子が「あははーー、俺くん、何言ってるのよーー」とうまくかわしてくれた。

なんとか気まずい空気にならずにすんだようだ。それからしばらく沈黙が続いたあと、その子が「ベランダにでよっか?」と言ってくれた。

ウチの高校は非常に珍しい造りをしていて、ベランダが校舎にびよーんとついていて、教室間の移動は廊下よりベランダを歩くほうが便利、というわけのわからん造りをしていた。
 
ベランダに出て、二人並んで傾き始めた太陽を見ながらぼーっとしていた。すると、「俺君、私のことエッチしまくっている人やって思ってるやろ?」ときいてきた。

俺は「えー、そんなん思ってないよーー」とベタな返事をする。そこから軽い下ネタトークが始まった。

「初めての時彼氏のやつが顔にとんできてーん」とか、「この前学校休んだやろ?あれホテルいっててん」とかもうデートもしたことのない童貞にとっては刺激的過ぎる話をした。

すると、「俺君はエッチしたことあるん?」と聞いてきた。まあ定番の質問だ。「こんな俺があるわけないやろー」と答える。そうしたらその子が「俺君やったら裸みせてあげても平気やで。」と言い出した。

うおおおおおおおおおおおーーーー!!なんなんだ!!共学最高ですか?最高でーすw

俺が「なっなっ、何いってるねーん」ともう顔がコリコリに引きつったまま答える。すると「俺君って純情やなー」と言ってくれた。だけど、その日はそれだけで終わった。

その日の夜にウチのオカンと今は亡きオトンにその話を自慢たっぷりにした記憶がある。そうしたらオトンが「おい!オレが金出すからまずは風俗で勉強してこい」と真剣に言ってくれたことが懐かしい。

女友達の家でテスト勉強した後に女の体を勉強した

それから、定期テストが近づいてきた。その頃の俺はクラスでそこそこ理科系科目が得意だったので、その子にいろいろ数学とか物理を教えていた。

そうしたら、その子の家でテスト勉強を一緒にする事になった。学校が終わり、ソワソワしながら二人で自転車で家まで向かう。

でも、この子は下ネタの話を話題にして「男の子の落とし方」「逆ナン必勝法」「体の相性について」など、男の俺には大してためにならない話を色々教えてもらった。

よくある展開みたいに家には誰もいなかった。ワクワクする気持ちと、不安な気持ちで胸がいっぱいだったと思う。生まれて初めて女の子の部屋に入る。意外と普通でびっくりした。

その時は女の子の部屋というものはジャニーズのポスターが貼ってあってきゃぴきゃぴしたものだと思っていた。

それに不思議だったのが、「ちょっと着替えてくるわ」と言って部屋の外で服を着替えたことだった。学校では目の前でブラまで交換して着替えていたのに・・・。

それから4時間くらいは真剣に数学を勉強した。その子は勉強になると恐ろしく真面目になる。いつもはアホの子ぽいけど試験前になると真面目になるギャップが魅力だった。

数学が終わり、休憩がてらお喋りをしていると、昔その子が話していた「女の子がオトコの家に一人で行くってことはもう覚悟ができてるってことやで、もしオトコがエッチしようとして女の子が嫌がったらそれはルール違反」と言っていたのを思い出した。

だから俺が「そういえば○○さん、こんな話してたよなー」とその話を振った。その子が「あー、おぼえてるわ」と言ったから俺が「んじゃ今俺が変なことしてもいやがれへんの?」と聞いた。

するとその子は「あー、そうやな、しゃあないよな」と言ってくれた。デートもしたことない俺だったが、なぜかその時は積極的だった。

俺は顔を赤く染めてどもりながら「むっ、胸とかさわってもいいの?」と聞いた。今から考えるとムードもへったくれもない聞き方だった。

その子は「えー俺君とこんな事になるなんて思ってなかったわー」と言い、「いいよー」とオッケーしてくれた。もう人生最高の時だ!!神様ありがとう!!と心の中でつぶやいていたと思う。

そして「んじゃ触ります」っていって服の上から触った。その子は藤原紀香を貧乳にして顔を崩したような感じで、初めて触った俺でも「小さいなあ・・・」と思った。

「まさか俺君に触られるとは・・・」と言って笑っている。もちろん俺は夢見心地だった。ひたすらさわっていたら、いつのまにかその子は目をつむってねむそうにしている。

「あれ、眠いん?」聞くと、その子は「俺君にさわってもらうと、何だか気持よくて眠たくなるねー」と言われた。まあ俺はかまわずさわってたら、次は下半身の方に関心が移った。

それでジーパン腰のお尻から順番にマンコを触る。だがどこが穴なのかてんで見当がつかないので、適当に指をブルブルしていたら、女の子が爆笑して「あひゃひゃひゃ!!ぜんぜん位置ちゃうやん!!」と言われた。

そうしたら「ジーパン脱ごうか?もうええわ」と言われたので脱いでもらった。下を脱ぐと普通の白のパンツを履いていた。その上から触って「もっと下やー」「下よー」と言われた。

当時は股のこんな奥にマンコがついているとは思わなかった。一箇所、むにょむにょの部分があったのでそこをぐねぐねしていると、女の子がまた目をつむった。

そうしたら、触ってすぐにもの凄い濡れ形をして、染みが浮き上がってきたのはびっくりした。こんなことが高1からできるなんて俺は何てしあわせなんだと思った。

だが、肝心の女の子が余り感じてくれない状態に俺は困っていた。他の友達から、初めて触る時は幅広い範囲を触って、女の子がビクつく所を探して、そこを集中すれば良いと聞いていた。

だから思い切ってパンツの中に手を入れて指をいれてみた。すると、初めて入れてみて、もう濡れすぎやろ!ってくらいに、マンコがグチョグチョになっていた。

思わず「これって大丈夫なん?こんなもんなん?」と聞いた。そうしたら「普通やで。」と言っていたと思う。それから更に触っていると一箇所だけその子がぴくっと反応する場所があった。

いわゆるクリトリスをひたすらに俺は弄り続けてた。女の子はひたすら首をぐらんぐらんに揺らして目をつむったまま荒い息をしていた。

俺はもうしあわせ絶頂で長い時間クリトリスを触り続けたけど、結局その子はイク事はなかった。俺も抜かれる事も無かったけど、初めて女の子の体を触って勉強させてもらい大満足でした。

そんな感じでお触りが終わって、その子がジーパン履きながら「ああーー俺君に女の子の大事な所を見られたし触られたなー」と言ってくる。

条件反射で思わず「ごめん」と謝ると「なんで謝るの?別にいいよ」と笑いながら言ってくれた。そんな事があってますます二人の仲が良くなった。

その後は、女友達から彼女になって付き合うことになった。初体験もすぐに済ませたんだけど、なぜか付き合ってからのエピソードよりも、初めての淡い体験の方がダントツで記憶に残っていますねw

元スレ:ttp://sakura01.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1108230270/