b01
会社の上司と一緒に飲みに行ったら下ネタの話題になった。

そうしたら40代になると若いだけの風俗では満足出来ないので、一番リラックスして風俗を楽しめるのは熟女系と力説された。

ちゃっかりさんの俺は良い感じにおだてたら、飲んだ後に誘われてそのお店まで連れて行かれた。

上司は慣れた感じで指名していたけど、俺は初めてだったので30代のぽっちゃり系の女性がいいと思って店員さんに告げたら、直ぐに案内できる嬢は40代前半で中肉中背と言う。

仕方がなくその女性をお願いして部屋でやってもらったら、とろけるようなキスだけで俺の如意棒はカッチカチ。そのまま手コキからフェラチオで1回抜かれてシャワーを一緒に浴び、言われるがままに体を洗われてベッドに向かう。

ベッドで体中愛撫されてギンギンになると、さらにフェラチオで責められ、嬢に導かれるまま騎乗位で合体。熟女の腰使いを堪能した後、攻守交代してバックで突きまくり、ヒクヒクするアナルを指で責めると簡単に飲み込む。

喘ぎ声を上げまくるので、調子に乗って如意棒をマンコから抜いてアナルに挿入して突きまくり、そのまま中出し射精した。そんな体験談。


熟女風俗で嬢のフェラチオに呆気無く昇天

この前、初めて入った熟女風俗は、会社の上司に誘われたのが原因でした。

その日は飲み連れて行ってもらい下ネタの話になって、40代の上司が言うには、この歳になると若いだけの風俗では満足出来ないと言う。

親父扱いされず、リラックスして風俗を楽しめる熟女系が一番と力説されて、言われるがままドナドナされ入店しました。

連れて行かれたお店はアルバム等で選ぶのではなく、嬢の年齢やタイプを店員に告げるというスタイルでした。もちろん上司は指名ですが、私は初めてなので、年齢は30代でポッチャリ系と店員に告げました。

ところが直ぐに案内できる嬢は40代前半で中肉中背とのこと。上司の事もあり、しょうがなくその嬢をお願いすることにしました。

上司は先に席を立ち、店員に案内され待合室を出て行きます。私は一人で待合いで待つこと10分ほどでしたでしょうか。ようやく案内され待合室よりでて、部屋へ案内されました。

ドアの外で小さな紙を渡され、これを中の嬢にお渡しくださいと告げられドアが開かれた。中では正座をし三つ指ついて挨拶をする嬢。こちらもつい腰を折って「初めまして。よろしくお願いします。」と挨拶してしまいました。

嬢の雰囲気はやはり落ち着きがある。しかしながら年齢的には40代前半というよりも後半近くでは?という感じでした。直接嬢に年齢を聞く訳にもいかず、不明なままですが・・・。

さて部屋の奥へと案内され、お茶を飲みながら初めてという事を告げます。風俗が初めてという訳ではなく、熟女系が初めてという意味です。

嬢はそれを聞き、「若い子には敵わないわよ。」と笑いながら答えます。そう言いながら、私の横へと席を移しディープキスをしてきました。

これが今まで経験したことのない、とろけるようなキス。軽く口を合わしたと思ったら、ねっとりとした舌が私の口内へ進入してきます。

そしてその状態で私が履いていたスラックスのベルトを弛め、パンツから一物をとりだしました。それがあっという間です。そして口を離すと、一気に下降し一物をパックリと咥え込んでフェラチオ。

またまた味わったことのない様なテクニックで、思わず声が出てしまいました。そして瞬く間に発射。部屋に入って15分も経たないうちに果ててしまいました。

嬢は笑みを浮かべながら私の上半身を裸にします。そして自分も服を脱ぎ捨て一緒にシャワーを浴びました。シャワー室内では言われるが儘です。

今まで経験したことのない様な広いシャワー室。その中にはスケベ椅子が設置され、私の一物は勿論のことアナルまでしっかりと感じさせながら洗ってくれました。

先程放出したばかりだというのに、既に復活し出します。こんな事は初めてです。

熟女嬢のマンコとアナルを使い中出し射精した

そして身体を拭いて貰い、ベッドへ進みます。部屋の電気を落とし、私の上へ嬢が乗ってきます。そして再び魔性のようなキス。

その後、首筋から胸~腹部~太股~つま先に至るまで、私の身体を全て舐め回します。耐えきれずうつぶせになると、今度は臀部を責めてきます。

そしてアナルを開くように舌が這えずり廻ります。舌はアナルを責めながらも、嬢の手は私の一物をいやらしく撫で回します。もうこの時点で既にギンギンにそそり立っている一物。

今度はそれを口に含み、一気に首を上下させます。再び絶頂を迎えそうになると嬢は「まだ早いわよ。」と微笑みながらいい、またまたキスを求めてきました。

私は俎板の鮪状態。嬢はキスしながら、自分の局部を一物に擦りつけてきます。そして私の手を取り、自分の局部へと導きました。そこは既に溢れかえっている。

私は必死で指を使い、嬢に抵抗を試みます。嬢もそれに合わすように喘ぎ声をだす。今度は嬢自ら私の一物を手に取り、局部へと導きます。

私はヘルスでこの様なサービスをうけるのは初めてで一瞬戸惑いましたが、もう抑えられません。導かれるままに挿入。嬢は私の上で見事な腰使いを見せます。

しばらく下から見る熟女の腰使いを堪能した後、攻守交代です。嬢を四つんばいにし、後ろから突きまくりました。そして少し経った後、嬢のアナルが開き気味になっているのを見つけました。

私は今度は躊躇することなく嬢のアナルへ指を突っ込みました、嬢は髪を振り乱しながら、さらに喘ぎ声が大きくなります。

そんな姿を見た私は、一物を局部から抜き去りアナルへ移動。すっぽりと包み込まれるように挿入できました。嬢は一瞬、たじろいた様に見られましたが、再び大きく喘ぎ出しました。

そうしたら私も調子に乗り、後ろから突きまくりそして嬢の中に昇天。その後、ゆっくりと何も言わずに添い寝。私が軽くキスをすると、嬢は「入れるところ違うわよ。」と微笑みながら言いました。

そして丁寧に一物を拭き取り、シャワーへ向かいます。そこでも丁寧に全身を洗ってくれました。シャワー室から出てからも、嬢は至れり尽くせりです。丁寧に私の着替えを手伝ってくれます。

それからフロントへ電話をいれ、割引券をくれました。私は嬢にお礼を言い、部屋を後にしようとすると、嬢は私の手を引き、再び熱いキス。

そして私の前にひざまずき、チャックをあけ一物を取り出すと、再び舐めてくれます。さすがに反応する余力は無くなっていましたが、熟女風俗のサービスを限りなく堪能させてくれました。

帰宅途中、何気なく嬢から貰ったサービス券をポケットから取り出し見てみると、携帯の番号とメールアドレスが手書きで記してあるではないですか。

私はいきなり電話する勇気は無かったので、メールを出しました。内容は先程のサービスに対するお礼と、再び店へ行き指名する約束です。

すると、嬢からの返信は直ぐにありました。嘘か誠か解りませんが、今日のサービスは私だからOKという内容でした。今度それを確かめに、再びその店へ向かいたいと思いますw

元スレ:ttp://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/mature/1092755213/