bb01
俺は高校の時に陸上をやっていて、夏に大会が近くなって学校で部活の合宿あった。

朝からみっちり練習が組まれていて、夕方から夜にかけては自主練習で、寝る前の僅かな時間に遊んだり、お風呂を済ませたりしていた。

その日は男女の友達とくだらない話をしていて、途中でトイレに抜けた時に同級生の女の子から、部室に忘れ物をしたから一緒に取りに行って欲しいと頼まれた。

適当に会話をしながら歩いて部室の前まで来て「ところでお前一体何忘れたんだ?」と聞いてみると、いきなり同級生の女の子が俺の肩を引っ張って首筋に舌を這わせてくる。

驚いた俺は距離を取ってもう1度忘れ物の事を聞いてみたけど、それは俺を誘う口実だった。Tシャツ一枚で少し汗ばむ姿やシチュエーションに興奮して、そのまま野外セックスしちゃった。そんな体験談。


高2の時の話。

俺は陸上部にはいっていて、3年がやめて初の大会が近くなり夏に合宿が行われることになった。朝練と昼練があり夕方と夜は自由練習で、自主的に課題に取り組んだり、寝る前の時間を各自が遊んだり風呂行ったりしていた。

その日、俺は男女の友達と他愛も無い話をしていて、途中でトイレに抜け出した時、同級生の女子が話しかけてきた。友達が皆お風呂に行ったから部室まで忘れ物を一緒に取りに行ってほしいとの事。まぁそれならばと同伴。

合宿所から学校をはさんで部室があるためそれなりに距離がある。その途中にはまだ明かりのついた室内練習場。悪い学校じゃないよなーなんて話しながら部室までの道のりを歩く。

さすがに夏。少し歩いただけで汗ばんでいた。ブラの上にTシャツ一枚という彼女からもうっすらと汗。少しドキッとしてしまう。心あたりはなくても意識はしてしまうものだ。

部室に到着。だが彼女は電気もつけずに、開いたドアの前に立ち尽くしたまま。そして次の俺の一言から事態が急な動きを見せる。

「ところでお前一体何忘れたんだ?」
「うん・・・」

その瞬間振り向いた彼女が俺の肩をグイッと引っ張りいきなり首筋に舌を這わせた。驚いて後ずさると彼女が上目遣いでこちらを見てくる。

目をそらすと透けたブラが目に入る。いい加減自分も我慢がきかなくなっているのを下半身が表していた。額には少し汗。そして下半身からは汗に似た何か。

最後にもう一度忘れ物はと聞いてみる。やはり嘘だったらしい。それを知った瞬間関を切ったように溢れだす感情のままエッチを開始した。

部活のせいもあって無駄な肉の無い腰回りを抱き締めキス、舌を入れる。恐ろしく淫猥な音を暗闇が一層引き立てる。俺は我慢できなくなりそのままTシャツを上げると彼女は地面に倒れる。押し倒すような形になった。

お互い別の人で経験はしていたものの、野外は初めてで余計に興奮してしまう。ブラのホックを外しゆっくり体全体を舐め回す。彼女は声を押し殺しながら体をヒクヒクさせている。

声出してもいいんだぞ?と言ったが恥ずかしいらしかった。汗ばんだ体は少ししょっぱかったがそれがますます股間を硬直させた。

ズボンを脱がせパンティの上からなぞり、横から指を入れ動かし、舌も入れる。もう彼女の股間は滴っていた。挿入には時間はかからなかった。

彼女の体が波打つ。もしかしたら声が聞こえているかもしれなかったがそんなことはどうでも良かった。一回で終るわけもなく果てた時には10時を回っていた。

その後、彼女とはたくさんしたが実際一番エロかったのは制服とか陸上のユニフォームの時かもしれないw 

元スレ:ttp://sakura01.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1113998010/