bb01
俺には見た目がボーイッシュで性格もサバサバしている彼女がいて、女子高から仲が良くて一緒のおっとり系の女友達と同居していた。

女友達は男嫌いと言うこともあって、高校時代はレズプレイをした事もあったけど、それを直したいと彼女に相談したら、俺を貸すような話になった。

だけど、さすがにレンタル彼氏みたいなのは嫌だったから、彼女のいる前で接することになった。 徐々に慣らす感じで接していくうちに女友達が俺の事を好きになってしまい、相当悩んだ末に正直に彼女に打ち明けた。

すると、ドロドロの修羅場に発展もせず彼女の「2人に好かれるアンタが誇らしい」という理由で2人の恋人という関係になって、エッチも3人でやるようになった。そんなエロ小説やアニメみたいな体験談。


彼女=A、彼女の友達=Bとしとく。

俺の彼女Aのスペック。

ショートカットのボーイッシュ風。顔立ちは可愛い系ではなく、カッコイイ系。見た目通り快活で性格もサバサバしてる。ただし、相当情熱的で直情的。

基本的にはアスリート系で高校の時は陸上部でランナーしてたらしい。インターハイ出場経験あり。一方で頭はかなりいい。言葉が綺麗。巨乳ではないが、美乳。超高感度で全身性感帯。でもBとの間ではネコ側。M属性。

彼女の親友Bのスペック。

小柄で身長160未満。巨乳。おっとり系の和風美人。言葉が綺麗で、それをゆっくり目に話すので、喋らせると独特の癒し感がある。これでAとの間ではタチ側。S属性。

彼女も相当頭はいい。絵画の才能あり。高校時代は美術部員。今も個人的に水彩画をやってる。

それにBは小学生時代に変態男に遭遇したことがあるとかで、その時何かされたわけではないのだが、それ以来男嫌いになっていたらしい。

ところが大学生になって流石にそれを直したいと思い立ってAに相談したところ、Aが俺をBに貸すという手に出た。俺はそんなの嫌だったから「お前がいる場所でなら」という条件でBに接することになった。

都合のいいことにAとBは同居をしているので、俺はそこへ行けば済んだ。彼女らは同郷かつ同じ女子高出身なのだ。逆にそれまでの俺は、Bがいるという理由で彼女の部屋には行かせてもらえなかった。

ただし「行く」と言っても隣だ。俺は彼女らが住む賃貸の地続きに建っている借家を借りているんで、番地は同じだったりする。

んで、俺とAが仲が良く息が合っているのを見て、まず「恋人っていいな」と思ったらしいが、そのうちBは俺を気に入ってしまったと。ずいぶん悩んだらしい。大好きな友達の恋人を好きになってしまったと。

だけど真面目な子だから、それも正直にAに話したらしい。そしてAが心を広く一先ず「じゃあ二人の恋人にしよう」と相成ったらしい。ここでどうしてAが神になったのかは俺もよくわからない。

Aによれば「二人に好かれるアンタが誇らしい」そうだが、その弁もよくワカラン。ちょっと苦しいことがないでもない。たまに、Bに本気になりそうなことがある。と言うか、迷ってしまうんだ。

二人があまりに違うタイプで、甲乙付けがたくなる時がある。そんな時にAと接したり、セックスすると、ああやっぱこいつだと思い直せるんだが・・・なんか俺、二人の間で甘えてるなと自分が嫌になることがないでもない。

エロい話的には俺ら3人、朝から服を着てなくて。やりっぱなしという日がある。彼女らを一人づつ交代で、二人がかりで徹底的にいじめて鬼イカセをした。午前はA、午後はB。

こういう時の女って、すごい残酷というか徹底的にやる。自分が果てないからだろうな。普段元気なAが責められる姿、普段おとなしいBが人が変わったように責め立てる姿。見てるだけで興奮した。

Aは意外にM性があり、逆にBはS性がある。高校時代にレズしてた頃は、Aがネコだったらしいし。さすがに腹も減ったし、明日は講義があるんで、これから焼肉屋へ行って精をつけようかというところ。

焦らしとイカセでは、どちらが女の子にとって満足度が高いのだろうと質問してみると、受ける満足感が基本的に違うものだという一致した意見。

鬼イカセは相手をいじめているというS的感覚、相手を狂わせたというセックスパートナーとしての満足。焦らしはイキ方の凄さ深さがハンパでないらしい。

イク事に飢えたメスになれ、すごい絶頂が味わえるという女としての満足。これは俺から見てもそうで、最高にエロく、昼間の顔とのギャップがもの凄かった。

そう言えば焦らしプレイをやられたA(彼女の方)が、挿入後イキそうになって失神したことがあった。失神なんて初めての経験だったから、本気で死んだかと思ってかなり焦った。

彼女たちの焦らしのテクは事細かには語れるもんじゃないが、俺も勉強になったことの一つではある。基本的には性器部には一切手をつけない。

その他の部分を執拗に弄りまわし、たまに「周辺」にちょっかい出す程度。まあやっても、掌で性器全体を触れたり軽く揉んだりする程度まで。

俺らのセックスは3人でも2人でも基本的にボディトークなので、片方が一方的にされているという図式はなくて、常に何かをし合っているようにしてる。

どこをどうするということよりも、それ自体が気持ちいいみたいだし、俺も気持ちがいい。で、これでどうなるかと言うと、濡れる。とにかく濡れる。垂れるほど濡れる。

女2人が言うには、そうなって来る頃にはもうとにかく入れて欲しくて仕方がなくなるのだそうだ。そこをさらに焦らす。最後は「いれて」と泣き出す。こういう時って、挿入した瞬間にイクことがあったりする。

もっとも本当の寸止め攻撃もたまにする。ただこれは男としてもキツイし、攻め手の女の方はいまいち充足感が足りないらしい。受け手の女はすごいのがドカンと来るらしいけど。

イカセ責めの方は実はあんまりしない。あれは女性側の感想だと、だんだん感度が鈍ってくるのかイキが浅くなっていってしまうらしい。だからこれはもう遊び半分。乱れたいなら焦らしの方が断然いいという女性2人の意見。

やる時はウチに場を移し、柱を使って両腕を拘束し更に目隠しして弄り立てる。内性器は基本的に舌だけ、または挿入だけ。普段の普通のセックスの時も、膣にはそれ以外入れないということにしてる。

しかしクリは弄る。あとはボディ各部への指タッチとか絵筆責めとかくすぐり責め。で、言葉責めはしないでむしろ黙々とやる方です。

元スレ:ttp://pele.bbspink.com/test/read.cgi/kageki/1182571262/