b01
俺は高校でバスケ部に入っていたけど、全校生徒が少ない学校だったので、部員も男女とも少数で練習も合同で顧問の先生も掛け持ちだった。

だから当然のように部員の仲は良くなって楽しい部活ができていたけど、3年になって気のいい先生が他校に行って、頭の硬いオッサンが顧問になった。

それからは練習をするたびに指導の方針をめぐって揉めまくった。ある日、つい俺が言った一言が問題になって結局部活を辞めることになった。

だけど、俺に懐いていた後輩女が抗議してくれたけど、処分は変わることはなかった。部活を辞めてからしばらく経った休みに、後輩女に誘われて一緒に遊びに行った。そして帰りに家に招かれて手料理をご馳走になった。

両親は旅行で弟は友達に家に泊まるというお膳立てされたシチュエーションに、俺はなし崩し的に泊まることにした。そして、食事後に後輩女の部屋で洋画を見ていたら、いい雰囲気になって、そのまま処女と童貞でSEXしちゃった。そんな体験談。


俺が通ってた高校は地元の高校で生徒数が全学年で400人程度の小さな高校だった。

当時はバスケ部に入っていて人数が少ないながらも熱心に練習していた。男子が8人、女子が5人しかいなくて練習も合同。当然女の子とも仲良くなるわけ。そのときは何もなかったけどな。

俺らが3年になって新しい年度になったとき。今まで俺らの部の顧問やってた気のいい若い男の先生が他校に飛んでしまって、新しくやってきたのが頭の固いオッサン顧問だったのよ。

前任校でバスケ部持っていたらしいけど全くの初心者らしくダメダメ。そのくせ俺たちで決めた練習メニューまで否定しよってもめるもめる。最後は俺の吐いた暴言を問題にされてしまった。

結局俺だけ辞めることになってしまったんだけど、ひとりの後輩の2年の女の子(M美)がすげーがんばって抗議とかしてくれたのよ。他の女子も応援してくれたけどM美は意味不明にメール署名とかわけわからんこと始めてたな。

それから俺が部活を辞めた後日、M美からメールで「今度遊んでください」って来た。断っておくとM美は顔は普通だけど背がちっこくて愛嬌のあるいい子だった。メールで二つ返事でOKしたよ、もちろん。

その日は土曜日で、午後から電車乗って映画観にいってぶらぶら買い物した。そして帰り際に家で飯作るから食っていかないかと誘われた。親御さんは旅行で帰ってこないらしい。

ちょっと期待した俺はこれまた二つ返事でOK。そしたら家にM美の弟(中1)が居た。期待してた展開とは違ってかなり凹んだ。しかし神様はいた。弟は友達の家に外泊するらしい。

それをきいた俺は近くのコンビニにジュース買ってくるといってダッシュした。ここで近藤さんゲッツ!そしてなし崩し的にM美の家に泊まることも決定!

M美の手料理食って彼女の部屋で土曜の洋画見てたらいい雰囲気になってきて俺はM美の肩をそっと抱いた。一瞬ビクッとしたけどM美は嫌がらず俯いた。この瞬間いけると俺は確信した。

童貞だった俺は緊張で震える手をM美の頬に沿えてこちらに向かせた。背の小さいM美が上目遣いで俺の顔を覗きこんだ瞬間は最高ですた。

「こいつ処女なのかな・・・」そんな不安が頭の中を覆い始めたが、かき消すように彼女の唇に吸い付いた。すんげー柔らかった。ここで俺のリミッターが外れた。

そして俺はそのまま彼女をベッドにゆっくり押し倒した。夢中で舌入れてM美の口の中を堪能した。ところが口の中を舐め回しすぎて彼女の気管に唾が入ってしまいむせてしまった。

やべ!白けた!と思ったがM美はにこっと笑って「大丈夫ですよ」と言ってくれた。そのとき「こいつ一生大切にしよう」って本気で思った。

仕切りなおして軽くちゅっちゅ。フレンチキス連発。お手ては勿論彼女の胸の上。しばらく服の上から揉んだあと、彼女にバンザイさせて脱がした。恥ずかしがりはするがほとんど抵抗しない。

ブラジャーは姉貴やお袋のを見てもまったく欲情しなかったがM美のは違った。薄いピンクの可愛らしいやつで大きさはBぐらいだったろうか。すでにジーンズの下で俺のチンコは痛いぐらいにぱんぱん。

適当に手を回してブラジャーを取ると乳首はすでにピンコ立ち。触るとコリコリ大興奮。左右の胸を口と指を使って交互に溶かすように愛撫した。

俺はAVで仕入れた知識総動員。彼女の吐息がどんどん熱を帯びている。ここで着ている服が邪魔になった俺はトランクス以外すべて脱ぎ捨てた。

そして、胸に満足した俺は次にM美の花園を目指した。タイトなジーンズをM美は穿いていたので脱がすのに苦労したが、M美は腰を上げて補助してくれた。本当にいい子だ。てか全然抵抗しない。

ショーツはブラとお揃いの薄ピンク。心なしか割れ目の部分は湿って色が濃くなっていたようだった。俺の興奮もますます高まる。そしてせっかちな俺は直ぐにそれを脱がせかかった。

彼女はは目を閉じてぐっと手を握り締めていた。恥ずかしいのを我慢してくれてるんだな・・・好意は無駄にしない俺。腰に手を添えてするりと脱がした。

夢にまだ見たマンコ。そして愛らしいM美のマンコ。それはネットや裏DVDで見たものより幾分も上品だった。羞恥のためにM美は股を閉じてしまったが、太ももを撫でてゆっくりと開かせた。

割れ目を指でなぞってクリトリスとやらを探した。皮を被ったM美のクリは真っ赤になっていた。俺は硝子細工を扱うかのように舌でそっと触れた。

M美は「・・んっ!」と初めて喘ぎ声らしい声を聞いて、パンツの中で射精してしまった若い俺。頭がサーっとなり、背中に冷や汗をかいた。しかし気にしない。敵は目前にあり。

俺のチンコはまだいけると1人で気を取り直した俺は雑誌の受け売りで色んなバリエーションを試した。どれも大して変わらなかったようだが・・・。

そして舌が疲れてきたころにはチンコも二回戦の準備完了!コンビニで購入した近藤さんを以前練習したとおりに装着。完璧!

俺「いい?」
M美「・・・いいですよ」

上気しながらも笑顔を絶やさないM美。覚悟を決めた俺はなぜかドアを一瞥すると正常位で挿入を試みた。しかし焦ってなかなか入らない。

M美「先輩、ここですよ・・」

M美「・・いったーい・・・・」
 
奥にまで入れようとするとM美の表情が一気に歪んだ。やはり処女だった。

俺「やめる?」
M美「・・大丈夫ですから・・・」
俺「本当??」
M美「はい」
 
本当にいい子だなコイツは。俺は彼女が痛がらないようにゆっくりと少し入れては止め、少し入れては止めを繰り返した。チンコがすべて彼女の中に埋まるとすごい達成感だった。

小さなM美の裸体がすっぽりと俺の腕の中に納まる。俺は不器用に腰を振り10分程度で果てた。至福の時、死んでもいいと思える快感で頭が真っ白だった。

ゆっくりチンコを抜くと気づいたのがすごい血。シーツの股の部分が真っ赤に染まっていた。俺は真っ青になったが彼女は落ち着いた声で宥めてくれた。翌朝ふたりでせっせとシーツを洗ったのはいい思い出のひとつ。

本当に彼女に出会えて良かった。俺があのとき退部しなかったらこんなことにはならなかったかもしれない。正直なところ複雑だった。

でも、あれから色々いざこざもあったけど、今もふたりで仲良くしています。俺は定職に就いて彼女の分も十分に養っていけるような収入が得られるように努力する毎日。まさにハッピーエンドだった。

元スレ:ttp://sakura01.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1113998010/