1
俺が勤めている会社は年末の忘年会で温泉旅行に泊まりがけで行くのが恒例行事になっていた。中小企業だったので社員たちと親しく話すことは出来ても、最年少が俺の26歳であとは年上の30代と40代のオッサンばかりだった。

だからなのか宴会はエッチなコンパニオンのお姉さんが社員3人に1人くらいの割合でついて盛り上がっていた。でも、無礼講とは建前で、俺が一番若いこともあって上司の手前で思いっきり羽目を外すことが出来ずに事務的に時を過ごしていた。

途中でトイレに行ったら、30歳半ばのコンパニオンのお姉さんに誘われて廊下の奥にあった小さな部屋に連れ込まれた。ひと気のない場所でキスしながら手コキでチンポを扱いてもらい、おっぱいも触ってこれからって時に、宿に着いた時に部屋まで案内してくれた若槻千夏似の仲居さんに目撃され声を掛けられた。

何とか会話で場を繋いだコンパニオンのお姉さんは俺を置いて逃げてしまう。仕方がなく仲居さんと話をし始めたら本音が出てしまい、もう少しで仕事が終わるというので、一緒に遊ぼうと口説いて話をまとめた。

俺は一旦宴会場に戻って先に戻ることを告げて、部屋に向かいタオルを持って大浴場に行くふりをしつつ約束したゲーセンコーナーに行って落ち合った。時間が遅かったのでゲームは出来なかったので、仲居さんに古そうなカラオケボックスに誘われてそこに入った。

取り敢えず飲みながら自己紹介から始めて話しているとすぐに打ち解けることが出来た。すると、さっきのコンパニオンとの事を話し出したと思ったら、最初から見られていた事が分かった。

どうやら声を掛けて行為を止めたのは確信犯みたいだった。見た目と違いかなりエッチな仲居さんに行為が途中で終わったことを弁償してと誘ってみたら、すんなりと承諾してくれた。

俺は妙に興奮を覚えながら手で扱いてもらったり、おっぱいを揉みしだいたり、まんぐり返しでマンコをペロペロ、正常位で挿入から立ちバックでパコパコしたりと存分にセックスをお互いに楽しんだ。そんな体験談。


あれは一昨年の会社主催の忘年会旅行での出来事です。

私の会社は、いわゆる金属加工品販売の中小企業で、毎年12月に泊まりで忘年会をします。場所は会社から比較的近い鬼○川温泉です。

旅行の参加者は総勢18名、内男性社員16名、女性社員は2名で、二人ともオバちゃんです。悲しいことに、女っ気など全くありません。振り分けられた和室の4人部屋には、俺(26歳)のほかに40代前半の社員が3名。皆はっきり言って、さえない感じのオジさんです。

そんな中、ちょっとだけ嬉しかったことといえば、俺たちの部屋担当の仲居さんがすごく可愛かったことです。若槻千夏を少し大人っぽくした感じと表現すればいいでしょうか。ルックスは、俺が好むタイプと完全に一致しています。

胸元にあるフルネームの名札をちらり、「奈々恵さんですね。よろしく。」と声を掛けると、「チェック早いですねぇ。こちらこそよろしくお願いします。」と、やや営業口調で返してきました。オジさん達のくだらないオヤジギャグを面白そうに笑えるある意味、真面目そうな仕事振りです。

あまりにさわやかで、ずっとこの部屋に居続けてほしいという衝動に駆られました。しかしその時は、非常口の説明や「どちらから?」などと他愛もない世間話をして、足早に部屋を出て行ってしまい、とても残念でした。

夜は大広間の宴会場で酒を飲むわけですが、最年少の俺は40代中心の上司たちの話題に今ひとつ馴染めず、作り笑顔で社長のコップにビールを注ぎ、「今年もか。」と事務的に時を過ごす覚悟でいました。

それでもその年はまだ楽しめた方で、ウチの会社としては奮発し、ノーブラの上にスケスケの服を着てサービスをするシースルー・コンパニオンが社員3人に1人くらいの割合でつきました。

俺の前についたコンパニオンは、30代半ばと思われるアカネ嬢、他の人たちについた人と比べて一番年増だったと思います。しかし、ボリュームのある胸はDカップらしく、十分目の保養になりました。

この段階では、せいぜいエロ部長がコンパニオンと肩を組み、カラオケをデュエットする程度のエッチ度ですが、2次会からは、オバちゃん達と社長ら一部の役員数名は部屋へ戻り、残った男たちで、飲み直していました。

無礼講とは建前で、上司の手前で思いっきり羽目をはずすこともできず、退屈そうに、それなりの振る舞いをしていました。最初から覚悟はしていましたが、折角目の前にプルプルゆれる胸があるのに、なんのエッチ行為もなかったわけではありません。

俺があまりにも胸を見すぎたのせいでしょう、突然アカネ嬢が「ちょっと見すぎー。」と少しいやらしい声で言います。アカネ嬢は、中が透けて見えるほど薄い素材で出来たブラウスの胸のあたりのホックに手を掛け、パチッと外したのです。

「ハイどうぞ。」とその隙間から乳首を見せてくれました。一見大胆に思えますが、他の社員達はもっとエロいことをしていましたので、この程度の行動に反応する者などいませんでした。そんなオヤジ的なノリで宴会はしばらく続いていきました。

22時半頃です。隣では泥酔した営業所長が横になりニヤニヤしていますし、何度も同じ思い出話を繰り返す者がいたりと、全体的に酔いが回り、ダラダラし始めた頃でした。俺はトイレへ行こうと席を立ち、ホテルの廊下を一人歩いていました。

一時に比べて寂れてしまった温泉街ですが、この時期はさすがに満室だったそうで、他の宴会場でも大勢の客達が盛り上がっています。そのおかげで、狭いトイレは満杯です。少しの間列に並んでも良かったのですが、酔い覚ましも兼ねて、寒い渡り廊下を歩いて別館のトイレへ行こうと思いました。

すると、別館のトイレの前にはアカネ嬢が立っていました。当然、このときには上着を着ています。ホテルの中はケータイがつながり難かったそうで、ホテルの公衆電話を使って事務所へ連絡を取っていたようです。

「あれー、どうしたの?」とアカネ嬢。俺は、「いや、トイレだよ。向こう、混んでたから。」と普通に返すと、「そうなんだぁ。ここで待ってまーす。」となぜだかニヤニヤしています。

とにかくトイレに行きたかったので、とりあえず用を済ませようと中へ入りました。ところがその後、トイレを出ると本当にアカネ嬢が待っていました。意外だったので、「あ、本当に待っててくれたんだ。」と俺が言うと、目がトロンとしてほんのり赤らめたて顔で、「いやね。シラジラしぃ。」と言ってきました。

俺は訳も分からずポカンとしていると、アカネ嬢は俺に近づき耳元で、「少し楽しまない?、5でヌイてあげるよ。」その一言ですぐ理解しました。内容を聞くと、手コキで最後は口で放出していいとのことでした。彼女にしてみれば、5千円で割のいいアルバイトでしょう。

宴会場から数十メートル離れた別館ですので、他のコンパニオンにも知れていません。慣れた感じがして、今まで幾度となく稼いだに違いないと思いました。ヌく予定など全然なかったので、予期せぬ誘いはとてもラッキーでした。

しかも、ピンクやスーパーと違い、シースルーでヌキが体験できるとは思ってもいません。ここは思い切ってお願いすることとし、どこで済ませるつもりか聞いてみました。アカネ嬢は、「こっちに誰も来ない場所があるから。」と、誘われるままについて行きました。

「ここだよ、早く入って。誰にも内緒だからね。」そこは、宿泊客のための、ジュースの自動販売機や製氷機のある小さな部屋でした。大人2人が入るとかなり窮屈になるほどの狭さです。しかし、どれも電源は入っていなく、今では使われていない様子でした。

アカネ嬢が言うには、他の場所に大きなサービスコーナーが出来たため、ここは使われなくなったそうです。廊下の一番奥にあり、ほとんどひと気がありません。他の社員もいないうえに酒の力も後押しし、もうヤル気は満々です。

アカネ嬢の言われる通り、前払いで5千円を渡すと、彼女はハンドバッグから携帯用のウェットティッシュを取り出し、「じゃあ、出してみて。」と、俺の着ている浴衣の股間部分を左右に捲りました。俺はボクサーパンツを腿まで下ろし、既に熱くなったペニスをアカネ嬢の前に突き出しました。

アカネ嬢は、「元気ねぇ。」と言いながらウェットティッシュで軽く拭きながら、「止めてあげるから、イキそうになったら早く言ってねぇ。」「すぐに終わっちゃうと寂しいでしょ。」と、なんだかサービスがいいです。

弱すぎず強すぎず、かなり気持ちいい手コキです。年上の魅力を感じました。狭い部屋に独特の香水の匂いが漂い、少し小じわがある顔は色っぽく、ペニスはどんどん硬くなっていきました。俺はたまらず、アカネ嬢を抱き寄せキスをし、勢いで舌を入れてしまいました。

拒まれなかったので、しばらく紅い唇の中身を掻き混ぜていました。今度は上着の中へ手を入れて、Dカップの胸をシースルーの上から揉みまくりました。当然そのままでは収まらず、宴会場で見せてくれた乳首を自分のものにしたくなりました。

「生で触っていい?」とおねだりすると、「いいけど強くしちゃダメだよ。」と、これまたサービスは良好です。ところが、アカネ嬢のブラを捲くり上げ、ブルンと乳房が現れた次の瞬間です。

背後に人影が。ふと目をやると、そこに立っていたのは、昼に会った仲居の奈々恵さんでした。「いやっ!あ・・・あ・・・」かなり動揺するアカネ嬢。放り投げられる感じで離された俺のペニスは、すぐさま浴衣の中にしまわれました。しかし、アカネ嬢の乳房は露なままです。

奈々恵さんは顔を合わせるなり意外な一言、「あら、ここ使えませんよ。」

一時的に停止した心臓が再始動しました。どうやら、不幸中(いや幸い中か)の幸い、奈々恵さんはアカネ嬢の背中越しから現れたため、その淫らな行為に気づかなかったのです。アカネ嬢もそれを察知したらしく、さり気なくブラを直し、白々しく「氷探してたんですよ。どこでもらえます?」と言いました。

宴会場とこの場所との位置関係を考えると、とてもあり得ない発言です。それでも奈々恵さんはとても丁寧に、「エレベーター前を左に進んで一番奥になります。」と説明していました。酔っ払いと会話する機会が多い仕事のせいか、奈々恵さんは何の疑いもない様子でした。

実のところ、酔いなど一瞬にして消え去っていました。そして、なんとこの時アカネ嬢は、「どうも、じゃあ氷取ってきまーす。」と言い残し、俺をおいて新しいサービス・コーナーの方へ歩いていってしまったのです。この時の空気といったら、二度と忘れることはないでしょう。

一度膨れ上がった性感と、見られてはいけない現場を見られそうになった動揺、そして、再び狭い場所で女の子と二人きりになれたヘンな期待感。それら全てがミックスされて出た言葉は、「一緒に遊びませんか?」でした。

奈々恵さんは笑顔で、「だめじゃないですか、皆さん氷待ってますよ。」と、ごもっとも。本当は氷なんて探していなかったことを悟られたくなかったので、「大丈夫、さっきのお姉さん(アカネ嬢)が持って行ってくれるよ。」と軽く反撃。

そして俺は奈々恵さんに、「正直、つまんないんだよねぇ、毎年こうなんだ。」「ウチの会社オジさんだけでしょ。」と何気なく本音を漏らしました。奈々恵さんは、「でも、あなたがいなくなっちゃたら、皆さん心配するでしょ?」と言う。

すかさず、「心配なんてするわけないよ。それに、2次会以降は自由参加なんだよ。」と必死に忘年会のシステムを説明する俺。

奈々恵さんは少し気が向き始めたのか、「遊ぶって何して?この辺りで遊ぶところ無いよ。」と言い出し、これ契機に俺は説得に燃えました。そしてついに、30分後に奈々恵さんの仕事が終わり次第、ゲームコーナーの前で会うことを約束することができたのです。

待ち合わせまでの間に、宴会場に戻り会社の面々へ先にあがることを告げて、自分の部屋に戻りました。さえないオジさん達3人は、かなり飲んでいたせいか、既に寝ていました。途中誰かに会っていろいろ問いただされるのも面倒なので、タオルを持って大浴場に行くふりをしつつ部屋を離れました。

待ち合わせしたゲームコーナーへ期待を胸に向うと、着くなり1分も待たないうち、私服に着替えた奈々恵さんがこちらに歩いてきました。奈々恵さんの私服姿はとても可愛く、上はセーターに下は12月なのにミニスカートでした。ほどいた髪は妙に女性らしくて綺麗です。

「なんかドキドキします。」少し恥ずかしそうに言う奈々恵さん。「うれしいよ。来てくれたんだね。」と俺は内心来てくれないこともあるだろうと心配していたので、これは本音です。

「どうしましょうかぁ?」と奈々恵さんに聞かれ、初めて何も考えていなかったことに気づく馬鹿な俺。真冬の鬼○川では、浴衣だけではとても外へは出かけられません。時は23時40分、ゲームコーナーは既に終了していたようで、やや薄暗く、ビールの自動販売機だけが明るく光を照らしています。

そんな中、奈々恵ちゃんは奥のほうを指差し「あそこ入ろうか?ちょっと狭いけど、落ち着けるんだよ。」言いました。その指の先には、古そうなカラオケボックスでした。

フロアに置かれたプレハブのような箱型の部屋の中に、コイン式のレーザーディスクカラオケが設置されており、L字型に並んだソファーと小さなガラス・テーブルがあります。

可愛い女の子から個室に誘われて、どこに断る理由があるのでしょう。二つ返事でOKし、少し高いビールを買って中へ入りました。奈々恵さんは、「電気点けないからね。」と室内の照明を点けることを拒みました。

仕事が終わったとはいえ、客とカラオケ・ボックスにいることをホテルの誰かに見られたら後で何を言われるか分かりません。

ビールで乾杯。最初は緊張しながらの会話が次第に冗談交じりになり、20分と経たないうちに仲良くなることが出来ました。大声で笑うことも出来ず、少し抑えながらの会話が逆にドキドキして楽しかったです。

そんな中、突然奈々恵さんの口から何か聞こえてきました。「さっき、見ちゃった・・・」心臓が停止するのも今日は2度目。アカネ嬢との淫らな行為を奈々恵さんに見られていたのです。

観念です。俺はすぐに開き直りました。「そ、そうなんだ・・・」「触り方とか凄かったよ。ちょっと酔ってたしスケスケの服に興奮しちゃって・・・」

すると奈々恵さんは、「見てるうちになんだかドキドキし過ぎて、怖くなって飛び込んじゃったの。」「ゴメン、邪魔しちゃったかな?5千円損しちゃったね。」

なんと、始めに5千円を手渡す場面から、見ていたのです。見た目と違いかなりエッチな奈々恵さん。一気に性欲が湧き上がりました。

ダメ元で、「続きしてよ。弁償だからね。」と俺が意地悪を言うと、数秒の沈黙のあと、意外にも、「私ヘタだよ。イケなかったら、ごめんねぇ。」と俺の腕に抱きつきながら応えてくれました。

既に浴衣の中で勃起した俺のペニスは、薄暗いボックスの中で再び姿を現しました。奈々恵さんはビール缶を持っていた冷たい手で優しくペニスを握ってくれました。ゆっくり上下に動かすと、「痛くない?」と気遣ってくれます。

それに続けて、「昼に初めて会ったときから、いいなって思ってたんだよ。」と、これは本心なのか、疑いながらもとても嬉しい気分でした。だから俺は、奈々恵さんの肩を抱き寄せキスをしました。

もうセックスをしたくてどうしようもなく、ミニスカートの中へ左手を滑らせ、パンティの上から奈々恵さんの湿ったマンコを撫で始めました。奈々恵さんは、「きゃっ、だめよぉ。」と言いましたが、俺の手をよけようとはせずに、それどころか、上下する自分の手をさらに加速させました。

胸を舐めたくなった俺は、急ぐ感じでセーターとその中の服を同時に脱がせました。少し色白で、細いウエストにツンと張りのある大き過ぎない胸は最高に綺麗でした。ブラ姿だけでもオナニーのネタに出来るほどです。

惜しげもなく、Cカップほどのブラジャーを外し、飛び出したプリンを揉みまくりです。アカネ嬢より少し小さいですが、勃起した乳首は薄いピンクで、感度がかなり良かったです。

奈々恵さんの「ふぁっ、あ、あ、」という喘ぎ声がボックスに響き渡ります。誰か来るかもしれない、というスリルがより気持ちを高ぶらせてくれました。

俺は奈々恵さんを静かにソファへ横にさせ、次にゆっくりとパンティを脱がせて、ミニスカートを捲り上げました。小さな土手に薄っすらヘアーがなびいています。その下にはすでにグチョグチョになっているマンコ。

俺は手コキをやめさせて、不意をつくように腰を持ち上げて、突然マンぐり返しのポーズをさせました。薄明かりの中でもピンクのヒダはしっかり見えます。奈々恵さんは、「いやっ、やめてぇ。」「はずかしいよぉ。」と真っ赤な顔を隠しながら言いました。

俺の執拗なクンニでパックリと奈々恵さんのマンコは花を咲かせました。仕事で汗をかいたはずなのに全然臭くないマンコは、美味しくていくらでも舐められました。奈々恵さんのシロップは、ねっとりと背中へ垂れるほど豊かに湧き出ています。

そこから奈々恵さんお尻をソファへ落として、脚を外側へ広げた格好にさせました。俺は熱く硬直したペニスをその小さなクリトリスの上へ添えました。焦らすかのように4、5回前後に擦らせ、6回目で一気に奥へ挿入しました。

それからは、もう止まりません。ディープキスをしながら激しいピストン運動を繰り返しました。意地悪に突然動きを止めると、奈々恵さんは目を閉じたまま俺の腰を強く抱き寄せおねだりしてきます。あまりの可愛さゆえ、更に深いピストンを始めました。

狭い室内でも、いくつか体位を変えることが出来ました。座位になり奈々恵さんに腰を振らせ、アクメ顔と揺れる胸を楽しみ、次に奈々恵さんをテーブルへ手を着かせて、立ちバックでプリッと小さめのお尻握りながら何度も突きまくりました。

俺は猛烈に押し寄せる性感にとうとう昇り詰めました。ドクッドクッと大量の精子を奈々恵さんの背中へ放出しました。ティッシュは用意していなかったので、カモフラージュに持っていたタオルで奈々恵さんの背中とマンコを拭いてあげました。

息が整うと、今度は余韻を楽しみたくなり、座位のような格好で奈々恵さんを膝の上に座らせて、抱き合いながら30分近くキスや軽い愛撫を繰り返しました。

そして別れ際に電話番号を交換し、夜が明ける前に部屋へ戻りました。翌日、部屋に顔を現した仲居さんは昨日と何も変わらず、オヤジギャグに笑って答えていました。

元スレ:ttp://sakura01.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1081445099/