1
【近親相姦】素人物のAVに姉が出てて中出しセックスされてたんだが・・・。

この前、某レンタル店に素人物のAVを借りに行って、家でエロDVDを見たら、実家の27歳の姉ちゃんが若い姿で画面に映ってアンアン喘ぎ声をあげて中出しセックスしていた。

俺は姉ちゃんに事実を確認するのが怖くなって、仕事休みのお盆に実家に帰れなかったけど、その後、凄く迷った末に白黒つけるため、DVDを持って遊びに行った。

最初は姉ちゃんの子供の相手をしていたので、緊張感とか無かった。でも、遊び疲れて寝てしまい、二人きりになった途端、AVと重ねてドキドキしながら様子を見ていた。

そして、DVDを持ってきたから見ると言って再生させたら、間違えて持ってきたと言う流れで確かめるはずだった。だけど、姉ちゃんに「エロいのでしょ」と主導権を握られて、ニヤニヤしながらリモコンの再生ボタンを押された。

しばらく経って画面に姉ちゃんの姿が映ると、見ていた顔が蒼ざめたと思ったら、今度は鬼の形相で睨みつけて「これどうしたの」と言ってきた。

俺は正直にレンタル店で借りたら姉が映っていた事を話したら、呆れたのかリビングを出て行ってしまった。しばらく経っても戻って来ないので、このまま帰ろうとした時に、携帯が鳴って姉から部屋に来いという内容だった。

そして、部屋に入って謝ったら「あれ見てしたんでしょ」と問い詰められて、してないと答えてもダメで少し待ってるように言われた。

すると、姉ちゃんはシャツを脱いで上半身はブラジャーを着けただけの姿で戻ってきて、俺に服を脱ぐように言われた。弟のさがか言われた通りに服を脱いで、股間を大きくして正座していたら、チンポを掴まれてオナニーしたのか聞かれた。

俺はそんな展開に動揺して、姉ちゃんを押し倒してしまい、怒られた後、元の体勢に戻った時に、からかわれた事に気づいた。

でも、頭が動かずにそのままでいたら姉ちゃんに「ねぇ続きしよっか」って言われて、俺は覚悟を決めて、ベッドに行ってセックスしちゃった。そんな体験談。


今日素人もののAV借りてきたら実家の姉が出てた。しかも中出しされてました。今、姉はシングルマザーなんだけどまさか親父ってこの男なのか?

確認するのが怖くて盆にも実家帰れませんでした。俺はどうしたらいいか凄く迷った。なんて言うか見る度に心臓バクバクして胸の奥がぐしゃぐしゃする。でも、姉ちゃんすごい事になってて勃起するんだけど、正直チンポを勃てていいものなのか困惑してる。

結局、白黒つけるためにアポを取るために一応メールしてみた。メールの内容は遊びに行っていいか的なことでした。で、姉ちゃんから来たメールが明後日ならいいとの事で、丁度、俺も仕事休みだったので、DVD持って行った。

最初は、姉ちゃんの子供と遊んでいたから良かったんだけど、遊び疲れたのか、寝てしまい俺もすることなくなって、テレビみたり最近、仕事はどうとかそんな話ばかりになって、正直どうしたらいいかわかんなかった。AVの話しをするかすごい葛藤だった。

姉ちゃんの格好はTシャツに短パンで、洗濯物をたたんだりしていた。俺は横目でチラチラ見ながら、AVと重ねてドキドキしながら見たりしていた。そしてそんな姉ちゃんに一言「あのさ・・・DVD持ってきたんだけどみる?」ってすんげーぎこちなく話しかけた。

姉ちゃんはキョトンとした感じで「うん、いいよ」って言うので、俺はバックからゴソゴソと取り出し手渡した。そして再生し始めた。タイトルにそれらしいのが流れて、俺は焦ったフリしてというか正直焦ってた。「ぁ!間違えて持ってきた!」って用意していた言葉をいいながらリモコンを手に取って停止した。

姉ちゃんは最初「え?なになに?」って感じだったけど、ニャッと笑って・・・「エロイのでしょ・・・」ってニヤニヤしながら話してきた。俺はもう心臓バクバクで「ち、違うよ」なんてしどろもどろになりながら言い返したら姉ちゃんが「んじゃ、いいじゃん続き見ようよ」ってまたニヤニヤしながらこっちを見る。

「いやぁ・・でも・・」なんてモジモジしてたらリモコン取り上げられて、また再生し始めた。そこには姉ちゃんが映り始めた。そうしたら「ちょ、ちょっと!これ!・・・」ニヤニヤして見てた顔が蒼ざめて俺の方をジロッ!と睨み「ねぇ・・これどうしたの」って今度は鬼の形相で睨みつける。

俺はビビってしまって何も言えないでいると、さらに「どうしたのって聞いてるでしょ!」って突き詰められた。渋々俺は「レンタルで借りてきたら姉ちゃんが映ってて・・・」と言うと、姉ちゃん今度は冷めた目でこっちを見ながら「ふーん、それで珍しく遊びに来たと思ったら。こんなの持ってきたんだ。」と言う。

俺はまた黙ってると・・・呆れたのか、そのままリビングから出て行った。やっぱり持ってこなきゃよかったって思いながらDVDを取り出しカバンの中に入れて帰ろうとしていたら、いきなり携帯が鳴った!着信を見るとそこには[姉ちゃん]からだった。

俺は「ごめん、姉ちゃん!もう帰るから許して。」って言ったら「そんなことより、ちょっとこっちの部屋来な!帰ったら許さないからね!」ってブチッ!って切られてしまった。渋々、姉ちゃんの部屋に向かって行った。部屋の前まで来てノックすると「入りな」って一言・・・。

そして部屋に入って見ると、そこには目を真っ赤にして座ってる姉ちゃんがいた。俺は正座して、「ごめんなさい!」って土下座して誤った。すると姉ちゃんは「あれ見て、どう思った」と聞いてくる。俺は無言のまま・・・。

「あれ見て、したんでしょ」と言う言葉に、俺は本当にしてなかったからフルフルッと首を振った。姉ちゃんは「嘘よ!」って言うから「ほんとにしてないよ!ほんとだって」って言っても疑いの目でこっちを見る。おもむろに立ち上がって「ここで待ってな」ってまた部屋を出て行った。

俺はもう早くこの場から逃げたい気持ちでイッパイだった・・。そして数分して姉ちゃんが戻ってきた。そこにはシャツを脱いで上半身ブラになった姉ちゃんがいた。俺は「ちょっと!何してんだよ!」ってマジでびっくりして言うと、「これ見ても何とも思わないの?」って言う。

だから「何やってんだよ、服着ろよ。頼むから」って言っても全然聞く耳持たなくて「あたしも脱いだんだからアンタも脱ぎな!」と言い出し、「嫌だよ、姉弟なんだぞ?」と言っても「いいから脱げって言ってるでしょ!」と声を荒げる。

こうなったらテコでも動かない性格なのは俺が一番知ってる。かなり悩んだが・・・渋々シャツを脱いで座ろうとすると「下も脱いでよ!」って言われて、諦めて、ベルトと外してる時に見られるって思った瞬間、また心臓がバクバクしてきて勃起し始めた。

そして、パンツ一丁になって勃起してるのに気づかれたくないから、すぐテーブルに足突っ込んで正座した。すると「何隠してんのよ」って言われてテーブルを引っ張られた。今、思い出すとなんとも滑稽で情けなくなってくる。そこにはパンツ一丁で正座してビンビンにテント張ってる俺の姿があった。

それを見て姉ちゃんは「ふーん、やっぱアンタも男なんだね~」って今度は立ち上がり、こっちに歩いて来て横に座ると、すぅーっと手が伸びてきて、アソコをつかまれた瞬間ビクッ!として目をつぶると、さらに擦り始めて「ほんとに。しなかったの?」と急に色っぽい声になって話しかけてきた。

たまんなくなってもう姉ちゃんってのが頭の中からぶっとんで、逆に姉ちゃんを押し倒した形になった。俺は覆いかぶさると「何すんのよ」と一言にハッっとなって我に返り飛びのいて「ゴメン」って誤った。

すると急にクスクス笑い始めて俺は拍子抜けして「え?何?」と言うと「アンタからかうと面白いね」・・・。そう姉ちゃんは俺の事を昔から、からかうのが好きでよくこんな感じで俺のことをバカにする。

でも俺はアレのこともあって頭が混乱してて、相変わらず勃起したまんまで正座してると、「ねぇ続きしよっか」って言ってきた。正直、素に戻ってたから10秒ほど悩んだが二人ともこんな格好してるのもあり、まさに今目の前にDVDに中の姉ちゃんの裸が直に見れると思ったら覚悟ができた。

コクッと首を縦に振った。すると「んじゃ続きは向こうでって」ベットを指差した。先にベットに座ってる姉ちゃんの前に行くと姉ちゃんは「見せて」・・・と、覚悟を決めてパンツをずり下ろしブルンっと勃起したものを出した。

姉ちゃんはマジマジと見ながら、「久しぶりに見たぁ」確かに姉ちゃんはシングルマザーでセックスはおろか、育児に追われてそんな余裕もなかったんだろうなと思った次の瞬間パクッと咥えられて、フェラしだした。

それから1分立っただろうか変に興奮したのもあり、「ぁ、姉ちゃん、出る!」って言ったらチュポンって離して「まだダーメ」って上目使いでこっちを見た。このときDVDの姉ちゃんと重なって余計、興奮した。

俺は、ベットに押し倒してブラを捲り上げて胸を揉み舐め始めた。すると姉ちゃんは「痛いよ、久しぶりだから優しくして」って俺も興奮してて全然気遣いできなくて「ごめん・・・」「うん、続けて」そして俺はブラを外してゆっくり胸を堪能した。

姉ちゃん感じ始めたのか、小さな声で「うん・・・ぁ・・ぁあ・・」と声を漏らし始めた。そして、胸からお腹の方に顔を持って行き、手で胸を揉みながらわき腹を舐めた瞬間ビクッとなって「あぁぁ!」でかい声だして弓なりに体を反らせた。

かまわず俺はなめ回した。そして下を脱がし始めた。ジーンズの生地でなかなか脱がせづらいなと思いながら、手間取っていっると「脱ぐね」って自分から脱いでパンティ姿になってベットに横になった。仕切りなおして、また胸から攻め始めた。

すると姉ちゃんが感じながら「アンタ・・・結構うまいね・・ぁ・・ぃぃ」ってこっちを覗き込んだそれを見た時、目が潤んでてもう姉ちゃんじゃなく、一人の女の顔をしていた。その顔を見た時また心臓がバクバクし始めて勃起したものがジンジンして痛くなってきた。

そして今度は胸を揉みながら手を下の方に持って行きパンティの上から触った、するともうシミと言うより、何かで濡らしたんじゃないかって思うくらいグショグショに濡れてた。姉ちゃんは「イヤッ!」って小さな声で言ったけどかまわず続けた。

そして腰に手を当ててパンティを取ろうとしたら「ごめん処理してないよ・・・」と言うけど、「そんなの気にしてないよ」と言って、ゆっくりパンティに手を掛けて、ずり下ろした。姉ちゃんは左腕で顔を隠すようにしてた。

アソコ見ると確かに処理されてなくて、ビキニとか履いたら絶対横からはみ出るなって思ったけど、DVDで見た体系より若干ぽっちゃりした感じにはなってたけど遜色ない感じだった。遂に目の前に全裸になった姉ちゃんが横たわっている。DVDで見た姉ちゃんが・・・。

すると「あんまり見ないで、恥ずかしいよ」「ごめん」といいながらまた愛撫し始めた。そしてワレメに沿って手を滑り込ませた、するとかなり大きい突起に指が当たった。ん?と思いゆっくり顔を近づけて見て見ると、すごく勃起して、皮からむけたクリトリスが見えた。俺もこんなクリは始めてで思わず顔をうずめて攻めた。

「ヤダッ!・・ちょっと・・・ぁあ・・ダメだって・・・ん」ってと俺の頭をつかんで離そうとしたけど気持ちいいのかすぐ腕から力が抜けた。皮を剥かないで舐めることのできるクリトリスは俺も初めてだった。

「姉ちゃんのすごいね・・・初めて見たよ」すると顔真っ赤にしながら「寂しくて一人でしてたらおっきくなっちゃった・・」って、それを見た俺は無性に姉ちゃんが可愛そうになってしまったと同時にかわいいとさえ思ってしまった。

またそのクリを舐めながらゆっくりと指を滑り込ませた。すると指を入れた瞬間声もそうだが、びゅっ!と潮が飛び出た。舐めながら「ふぅげ(すげ!」って思わず言ってしまった。姉ちゃんはもう体を弓なりにして感じまくっていた。

続けて舐めながら指を出し入れすると、次から次へとバシャバシャと潮を吹いて一段と声を上げて「ぁあああ!」と言った瞬間指がギュウッと締め付けられた。俺はあぁ・・・逝ったんだなと思い手を止めて口を離した。姉ちゃんは体をビクビクさせて「はぁ・・・はぁ・・・」と荒い息遣いでぐったりしてた。

俺はしばらくそれを眺めていた。2分ほどしてようやく落ち着いたのか閉じていた目を開いて俺の顔を見つめて「ねぇ・・キスして・・・」って、そして軽く唇にキスしたら「もっと・・・」って姉ちゃんから舌を絡ませてキスしてきた。俺もそれに答えて舌を絡ませた。そして抱き合ってキスしてるとすぅーっと勃起したものを握ってきた。

今度は俺がビクッとなって「うっ!」と声を上げた。「きもちいい?」と潤んだ目で言われた。コクッとうなずくと「もっと気持ちよくさせてあげるね」って俺の胸をまたいで69の格好になって舐め始めた。俺もまたおおきなクリを舐め始めた。

姉ちゃんの舐め方は、口によだれを溜めてこっちにも音が聞こえるくらい激しくて、タマと転がしながら、時には舌先で舐めまわしてきた。「逝きそうになったら、言ってね」って言いながら、またしゃぶり始めた。どれくらい舐めていただろう・・・。

姉ちゃんがタマを転がすのをやめて竿をしごきながら舐め始めたとき「うっ!逝きそうっ!」っと言った瞬間、口を離した。少しの間ビクビクしているものを見ているのかじっとしていた。そして「じゃぁ、入れるね」と言って今度は体を逆にして俺にまたがって、勃起したものを握ってゆっくりと入れてきた。

ググッと先っぽが入ると「んあっ!」の吐息を漏らし、そしてまたゆっくりと腰を下ろしてきた。姉ちゃんの中はすごく狭くて、中が纏わり付く感じで俺のを包み込んできた。そして全てが納まると、「ぁふう・・・」とのけぞり続いて前倒しになって俺を覗き込んで「久しぶりだから、自分でもきつくてびっくり」っとニコッと微笑んだ。

その顔を見た時、無性に愛らしくて顔を近づけてキスをした。そして姉ちゃんは、ゆっくりとではあるが腰を持ち上げまた腰を下ろしてくる。まるでひさしぶりの感触をじっくり味わうような腰使いだった。しばらくすると今度は腰を前後に振り始め、クリトリスを押し付けるようにしてきた。

そしてまたギュウッと締まり始めて「んぁあ!イクッイクッ!」と言って前のめりに俺に倒れてきた。かすれ声で息も絶え絶えながら「気持ちいい・・・」っと抱きついてきた。俺は首筋にキスをするとビクッ!として「ぁ・・・ちょっと待って」と言った。あぁ・・・逝ったばっかりで敏感になってるんだなと思って、しばらく抱きしめていた。

少し経って姉ちゃんは、ふぅーっと一息ついて、顔を上げて「もう、いいよ」って言いうから、今度は俺が上になり、ゆっくりと入れて腰をスライドさせた。すると今度はさっきとはうって変わって「ぁ・・ぁ、もっと・・突いて!」と足を俺の腰に回して自分から腰を押し付けるようにしてきた。

それを聞いて俺も今までゆっくりと様子見するように動かしていた腰を、何か解き放たれたように激しく、荒々しく腰を振り始めた。姉ちゃんは「んぁ・・・ダメッ・・ぁぁ・・ダメッ・・・またっ」と喘ぐが、俺は自分でも驚くほど、激しかった。

姉ちゃんの腰をつかむとそのまま腰を浮かせる感じで突きまくった。そして一気に快感に登りつめ「うわぁっ・・・ああっ・・・逝くッ!」っとビュビュッ!ビュ!!もう何も考えられず、思いっきり出しまくった。そして姉ちゃんもまた締め付けてきて俺のを全て搾り取るように締め返してくる。

そのまま俺は前に倒れこみ「はぁ・・・はぁ・・」と荒い息遣いで姉ちゃんに覆いかぶさった。しばらく、ボーっとしていた。そして落ち着いて考えて、ハッと我に返った!「姉ちゃん、ごめん中で出しちゃった!」と言うと、姉ちゃんは「うん、そうだね。」って涙を流した。

それを見て「ごめん、ほんと、ごめん・・・できちゃったらどうしよ・・。」俺も泣けてきた。すると「ううん・・違うの気持ちよ過ぎて泣けちゃった。」とニコッと笑った。俺はそれ所じゃない。半べそかきながら「やばいってマジで・・・できちゃったら」と慌てていた。

そうしたら、姉ちゃんが起き上がって「ねぇ・・・あたしの事嫌い?」って言うから、思いっきり顔を振って「嫌いなわけないじゃないか!大好きだよ!」と言ったら、そっと顔を摺り寄せてキスして「大丈夫、心配しないで」ってニコッと笑った。

そしてベットに寄りかかって二人でボーっとしていると、姉ちゃんの子供が寝ぼけて部屋に入ってきた。ワッ!と思ってシーツの中に二人して潜りこんだ。すると「おかぁさん、オシッコ・・」と言うので、思わずプッ!と噴出してしまった。

それを見た姉ちゃんがギロッと睨んで腕をギュッってツネってきた。思わず「いてっ!」と言った瞬間、バサッとシーツから出て言って、「ハイハイおしっこね」と近寄って行った。部屋のドアの閉める時に「あれ?なんでおかぁさんなんで裸なの?」って聞こえて「いいから、ほらオシッコオシッコ」と急かしていた。

この時、あぁ・・おかぁさんなんだなーと思いつつ、しちゃったなぁと思いながら急に睡魔に襲われた。それからどれくらい寝ていたんだろ・・・。目が覚めると横には姉ちゃんが座ってこっちを見ていた。俺が起きるとすっと寄ってきて、キスをしてくれて「今日は気持ちよかったよ」っと微笑んだ。

そして俺は「ねぇ・・中出しちゃったけど・・大丈夫かな・・・」と言うと、「そうだね、でもアンタの子供だったら生んでもいいかな、もしできたらね」と言い、俺が「マジで?」と答えると「だってあたしもアンタのこと大好きだもん、エッチもうまいし」と言う。

俺はすこし考えて・・・「でも、兄弟の間にできた子供って障害とか・・」って言ったら「でも命なんだよ?こうやってなんかの縁で愛し合ってできた命なんだよ?それにね、子供って色んなメッセージくれて、いろんなこと教えてくれて、しゃべれなくても必死で生きてるんだよ?」これを聞いたとき母親の強さを垣間見たような気がした。

「また遊びにくるよ」
「え!また来るの?」
「えっ!ダメなの・・・」
「だって・・できてらたら・・・その・・・」
「はははっ、ほんとアンタからかうと面白いよ」

そんな感じでからかわれて、またバカにされた。しょぼんとしてると「また来てね、またしようねっ」ってキスされた。

そしてAVに出演した話を聞いたら姉ちゃんは27でDVD出たのは23の時で、知り合いから紹介されてほとんど騙された形で撮られたそうです。スペック的には昔みんなから良くお前の姉ちゃん、京野ことみに似てるなって言われました。俺は今23です。

ダラダラ長文と大変ご迷惑掛けました。付き合ってくださったみなさま、ありがとうございました。もし子供ができたら、結婚はできませんが姉ちゃんのことは一生面倒見ていきたいと思います。では失礼します。

元スレ:ttp://sakura01.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1150567100/