b01
元上司の娘が19歳の短大生になって再会して割切りでSEXしちゃったwww

前に勤めていた会社の上司は仕事に対しては厳しかったが、何かと可愛がってくれて、休日に一緒に釣りに出かけたり、家に呼ばれることも多く奥さんや二人の子供とも交流が出来て、家族に混ざってバーベキューや旅行などに行ったこともあった。

現在の俺は会社を辞めて地元に戻って再就職して、忙しく働き六年が過ぎて年も三十を越えて、仕事漬けの毎日になっていた。そんな中、久しぶりに前に勤めていた会社の友人と会うことになって、お世話になった元上司には時間の都合で会えなかったが、昔いた街に戻って仲間と楽しい時間を過ごした。

その帰りに泊まる予定にしていたホテルに向かうため駅に行ったら元上司の娘と再会した。前に会った時は中学だったけど、今は19歳の短大生で背も伸び大人になっていたので、一瞬誰だか分からなかった。せっかくだったので、近くのレストランで晩御飯を食べながら、近況を報告し合ったり積もる話で盛り上がった。

その中で、昔憧れていたことを告白されて、カラオケに行った後に今夜は一緒にいたいとベタなドラマみたいな展開になって、ホテルに行って一夜限りの割り切ったSEXしちゃった。そんな体験談。


六年ほど前に辞めた会社に、色々と可愛がってもらった上司がいた。よく、その人の家族とBBQ行ったり、釣りに行ったり、家にお邪魔させてもらったりしていた。

仕事には厳しい人だけど本当にいい上司だった。その人には当時中学一年の娘と小学生の息子がいた。まあ、自分は二十代後半だったから、娘さんを大人しくてかわいいなと思うことはあっても、恋愛や性的には興味の対象外だった。

自分は仕事を辞めて実家に帰り地元で再就職して、せわしなく働き、気付けば三十を過ぎ、彼女もいなくて、仕事ばかりの毎日になっていた。そんな中、久しぶりに前の職場の友人に会いに行くことになった。

例の上司とはお互いの時間の都合上会えそうになかったので、ちょっと残念だったけど、久々のその街、仲間との出会いを楽しんだ。

友人と別れて、その日泊まるホテルへ行くために、その街の最寄駅に到着し、駅の改札をくぐった時だった。「俺さん!」と呼ぶ声に振り返った。一人の女の子が立って笑顔でこちらを見ている。

「あっ、やっぱり~、俺さんだっ!」
「もしかして、Y子ちゃん!?」

最後に会ってから六年以上経っているから、一瞬わからなかったけど、間違いない、例の上司の娘さんだ。笑った顔はあの頃のままだった。背もずいぶんと伸び、服装も大人っぽく、六年間の変わりように、心底驚いたが、同時に心臓がバクバクしてきた。

そのあと、お互い電車で来ていたということもあり、近くのレストランにて晩御飯を食べることになり、積もる話しで盛り上がった。娘さんはそうちょうど19だよ。短大生になったんだって。

六年間の話をし、楽しそうに話す彼女になんだか昔は感じなかった感情が沸いて来ているのを実感していた。そんな会話の中で、「俺さんのこと、昔私が気になっていたことわかっていました?」と質問された。

「えぇ、マジ?!そんなを気付かないよ、歳も歳だし」正直鈍感にもほどがある自分は、そんなこと気付いてたはずもなく、かなり驚いたよ。

その日は夜特に予定は入れてなかったので、晩飯食べたあと、カラオケに行った。二時間ばかり歌って、さあ、どうしようかとなったとき、彼女が、「今日はずっと一緒にいたい、だって本当に久しぶりだもん」みたいなことを言いながら腕に抱き着いてきた。

その瞬間、自分の中で本能が理性に勝るのを感じとれた。都合のいいことに、少しあるけばホテル街。彼女の手を取り、適当なホテルを見つけて入っていった。

最中は、自分の頭の中に上司の顔が浮かぶんだけど、彼女の身体を目の当たりにするとそれは不思議とどこかに消え、夢中で愛し合った。

彼女の身体は乳フェチの自分からすれば物足りないんだけど、ただ一つ確実にわかったのは、十代の肌は本当にきめ細かいっていうのか、とにかく抱き心地は最高だった。

2chやネットの体験談でよく聞く話だけど、こればかりは体験しないとわからない。今まで付き合ったのは同年代ばかりだったから、ピチピチした肌は余計に違いがわかった。

最初は元上司の娘ということですごく罪悪感を感じたけど、それ以上に、昔から知っている女の子を抱くことにとてつもない興奮を感じ、その夜は燃えたよ。久しぶりに朝まで頑張れた。

でも結局、次の朝、別れて自分は実家のある地方都市行きの電車に乗り帰宅した。あれから半年過ぎるけど、それ以来彼女には会っていない。一度限りの夜だったよ。

帰ってから思ったが、やはり元上司の娘さんだし、いくら同意の上とはいえ、残っていた罪悪感がまだ消えないので、これきりにしようと考えた。

彼女も割り切っているみたいで、同年代の彼氏を作るべく、バイトを頑張っているそう。ちなみに、彼女とメールはたまにしている。でも、俺はあの夜を思い出して一人悶々とするのも多々ある。

元スレ:ttp://sakura01.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1181571366/