1
妻が同僚とSEXする現場を目撃した後にアナルを指で犯しマンコに中出し

海外出張から3週間ぶりに日本に帰ってきたその足で、同僚と飲んだ勢いで妻のいる自宅に連れて帰った。急に連れてきても妻は嫌な顔ひとつしないで対応してくれて、家で飲み直したが疲れで俺はすぐにダウンしてしまった。

しばらくしてから目が醒めると、寝室のベッドの上に寝かされていたので、同僚と妻の2人が運んでくれたことに感謝した。しかし、隣に妻の姿が無かったので、階段を降りてリビングに向かう途中で、妻のなまめかしい声が聞こえてきた。

そっと物音を立てないままリビングの前まで進んで様子を伺うと、同僚と妻がエッチしている現場に出くわした。妻は同僚にクンニされて声を上げて喜び、手マンで潮吹き、チンポを受け入れ、バックでアナルに指を入れられて突かれると、雌犬のように声を上げて喘ぎまくっていた。

最後は中出しを懇願されて射精された妻の姿に、私は嫉妬と興奮でいきり立ったチンポから自然に射精していた。その後、寝室に戻ってから悶々としながら妻がやって来るのを待って、エッチしようとした。すると、同僚との激しいセックスで疲れたことを、酒で酔ってるという理由で拒否する言葉を言う。

だから、激しい嫉妬心が燃え上がり、強引にパジャマを脱がせて、狂ったように愛撫してアナルに指を突っ込んで、ヨガりまくる妻のマンコにチンポを打ち込んで獣のように打ち付けて中出しした。そんな体験談。


3週間ほどの海外出張から帰ってきた日のこと。久しぶりに同僚と飲み、そのまま勢いで自宅に同僚も連れて帰った。

妻はいきなりの来客に驚いた様子だったが、嫌がるそぶりも見せずに応対した。早速飲み直しとなったが、いかんせん出張の疲れのせいか、1時間ほどで私がダウンしてしまった。

ふと目を覚ますと、ベッドの上だった。どうやら妻と同僚が運んでくれたらしい。隣を見るとまだ妻の姿はない。まだリビングで飲んでいるのだろうか?のそのそと起き上がり、リビングに下りていく。

階段の途中で、妻の声が聞こえた。「ああっ・・だめっ・・ひいぃっ」明らかに嬌声とわかる。同僚が妻を犯しているのだろうか?鼓動が早くなる。ゆっくりと物音を立てないようにしてリビングの前まで進んだ。

耳を澄ませて中を伺う。ぴちゃぴちゃという水音と妻の喘ぎ、時々ぎしっとソファのきしむ音が聞こえる。僅かにリビングの扉を開け、覗いてみた。すると妻はソファに座ったまま同僚に脚を大きく広げられていた。

ベージュのスカートは捲り上げられ、ブルーのパンティは既に片足から外れて、もう一方の膝に引っかかっているだけだった。ブラウスのボタンはほとんどが外されており、ずり下げられたブラから露出した乳房を下から同僚の手がもみしだいている。

同僚のもう一方の手は妻の膝裏のあたりを掴み高く上げ、ちょうど股間に潜りこむ格好で妻の秘部を舐めているようだった。恥ずかしいからだろうか、妻は両手で顔を覆っている。

それでも乳首を摘まれたり激しく秘部をすする音がする度に「ひっ」と喘ぎ声を上げて首をのけぞらせている。この状況に私はひどく興奮していた。自分の妻が同僚によって感じさせられている・・・。

確かに妻の肉体は敏感なほうだ。私の愛撫でも十分に反応し、いつも愛液を溢れさせていた。さらに妻はこの3週間のあいだセックスをしていない。どちらかと言えば性欲の強い妻にとってこの禁欲期間は辛い。

そしてこの同僚は社内でも名うてのプレイボーイとして有名な男だ。仕事も出来るし信頼も厚いのだが女関係で問題を起こし、バツイチになってからは出世をあきらめ、社内外の女を片っ端から食いまくっているテクニシャンだ。

そんな男の手にかかれば、ただでさえ性欲をもてあまし気味の妻だ。一たまりもあるまい・・・。同僚が顔を上げ、硬くしこった乳首に吸い付いた。びくっと妻は身体をのけぞらせる。

いつも間にか同僚の手は妻の股間に忍び込み、秘部にさし込まれているようだった。くちゃくちゃとかき回す音が響く。妻の肉体はびくびくと痙攣し、指の動きにあわせるように腰が上下する。

「ああっ、いやっだめっ・・イっちゃうっ」
「いいんだよ奥さん、何度でもイカせてやるから・・・」
「いつか奥さんとやってみたかったんだよ」
「ああっ、そこだめっ・・変なのぉ、変な感じなのぉっ」
「主人のときとは違う・・漏れちゃう、漏れちゃうよおっ・・」
「そうか奥さん、潮吹いたことないんだ・・・」
「じゃあ思いっきり潮吹きさせてあげる・・そらっ」

同僚の手が一際激しく動くと、妻は全身をのけぞらせて「ひいいぃっ」という悲鳴にも似た声を上げた。次の瞬間妻の股間から透明な液体が飛び散り同僚の腕を濡らし、一部はソファの前のテーブルまで汚したようだった。

それは衝撃的な光景だった。私とのセックスで妻は潮を吹いたことなどなかった。自分の妻が他の男の指技によって見たことのない程の絶頂を極めさせられる姿。それは私にとって大変な屈辱と同時に興奮でもあった。私のペニスはこの時パジャマの中で驚くほど固くいきり立っていたのだ。

そして妻の身体がゆっくりとソファに崩れ落ちた。荒い息をしているようで呼吸の度に胸が上下している。かちゃかちゃと同僚がベルトを外す音がした。ゆっくりと身体を持ち上げて、妻の股間に狙いをつけているようだった。

妻は視線を下に向けている。今まさに自分の貞操を奪おうとしている夫以外のペニスに視線がくぎ付けのようだ。同僚のペニスは私と比べてかなり大きいはずだ。勃起していない状態にもかかわらず、私の勃起したときのサイズとさほど変わらない。

そのペニスは今十分に充血して妻の秘部に差し込まれようとしているのだ。同僚は妻の脚を抱え込む格好で覆い被さっていく。2、3度腰を動かすと妻は「ひっ」と声を上げた。クリトリスを擦ったのだろうか。

低い声で「入れるぞ」と同僚が言った。それは同意を求めると言うよりも宣告に近いものだった。「いや・・いや」妻の小さな抵抗の声も実体を伴っていなかった。

さっきよりもやや深い角度で同僚は腰を妻の中にゆっくりと沈めていく。妻の首がのけぞる。「ああっ・・はああっ・・ああっ」妻の口から喘ぎが漏れる。妻の膣がきついのだろう、同僚は何度か浅い抽送を繰り返しながら妻の耳元で囁いた。

「奥さんのおまんこはキツイねぇ」
「なかなか奥まで入らないよ・・・」
「どう、旦那と比べて?」
「・・ああっ、お、大きいわ・・・」
「とっても大きい、裂けちゃいそう・・」

同僚の眼を見つめながら妻は答えた。すでに状況はレイプではなくなっていた。妻は自分からゆっくりと腰を動かしてより深い挿入を促している。その成果はすぐに結果となって現れた。

同僚が一際深く腰を突き入れると妻は小さな悲鳴とともに首をがくんを折った。軽くオーガズムに達しているようだった。同僚は妻の上半身からブラウスを剥ぎ取り、腕を回してブラジャーのホックを外した。豊満な妻の乳房が露になる。

やや黒ずみかけた大き目の乳首は硬くしこっていた。それを同僚の無骨な指が摘み、弄ぶ。その間もピストン運動は休みなく行われていた。妻のあえぎはとどまる事を知らない。濡れた粘膜の擦れ合うぬちゃぬちゃという音がリビングに響いている。

妻が何度目かの絶頂に達すると、同僚は妻の身体をひっくり返して今度はバックから撃ち込み始めた。後ろから乳房をわしづかみにし、髪の毛を引っ張り唾液を飲ませる。私には到底真似できないサディスティックな責めだ。

しかしなにより驚いたのはそういう行為を妻が喜んで受け入れたように見えたことだった。確かに妻は性欲の強い女だが、そのようなアブノーマル的行為には全く興味を示さなかったのだ。

同僚の指が妻のアナルに差し込まれ、妻が狂ったように腰を振りたくるのを見て私は悟った。妻は、同僚の女になった。未体験の快楽を与えてくれる男になら、女なら誰だって服従するはずだ。

同僚の撃ち込みが速くなり、フィニッシュを迎えようとするときに妻の口から発せられた決定的な言葉。「中、中で出して・・」脳天をハンマーで殴られたような衝撃、そして恍惚。

自分の妻が他の男に膣内射精を乞う。今まで経験したことのない程の屈辱と興奮が私を襲う。同僚が妻の中に射精する姿を見て、私もパンツの中に大量の精液を発射した。

ゆっくりと同僚がペニスを抜き取り、妻の前に回ると妻はいとおしそうにそれを咥えた。それを見て私は二人に気づかれないように2階に戻った。

妻と同僚の絡み合う姿が脳裏から離れないまま、私は一人寝室の天井を見つめて妻を待っていた。同僚の手によって何度も何度も絶頂を極めさせられ、最後には中だしを乞うた妻。

夫である私にとってこれ以上の屈辱はない。怒りにも似た嫉妬の炎が私を眠りにつくのを許さなかった。その光景を覗きながら興奮しパンツの中に射精してしまったにもかかわらず、再び私のペニスは膨張していた。妻を抱きたい。心からそう思った。

同僚が蹂躙した妻の白く豊かな乳房を思いきり揉みしだき、ついさっきまで同僚のペニスが差し込まれていた秘部に思いきり突き立て、同僚の精液の残滓を私の精液で塗りつぶし、夫である私こそが本来の所有者であるという証を妻の身体に刻みたかった。

しかし、妻はなかなか帰ってこなかった。悶々としながら時が流れていく。ようやく妻が寝室に入ってきたのは、それから2時間が経ってからだった。

反射的に私は寝たふりをしてしまった。同僚との情事を覗き見ていたことを知られてはいけない。妻は私を起こさないようにそっと寝室のつきあたりにある整理箪笥まで行き、引出しを開けた。

そっと薄目を開けて妻の姿を見る。妻はバスタオル一枚を身体に巻きつけている。洗いたての髪から雫が垂れている。同僚との情事の痕跡を消すために全身を洗ったに違いない。

引出しから取り出したパンティを穿き、バスタオルをはらりと取った。淡い光の下で妻の乳房が揺れる。白いスリップを身につけると妻は私のほうに向き直った。慌てて目を閉じる。

妻は私が寝ているベッドに畳んでおいてあったパジャマを取ったようだった。しばらくして妻がベッドに入ってきた。石鹸の香りと妻の体臭が混じりあった匂いが私の欲望を刺激する。妻の身体に手を伸ばした。

「ん・・どうしたの」けだるそうな声で妻が答えた。
「3週間ぶりだもん、いいだろ?」
「・・お酒飲んじゃってるから、眠いの・・・」
「それに、ちょっと疲れてるかな・・」

酒のせいで眠いというのは理解できる。しかし同僚との激しいセックスで疲れたから夫である私との営みを拒否するとは。再び妻への激しい嫉妬心が燃え上がり、強引に妻のパジャマを脱がせて乳房を揉む。

耳たぶを舐めまわし首筋に舌を這わせると妻の身体に鳥肌が立つのが判った。感じ始めている証拠だ。スリップをずり下げて両方の乳房を下から搾り出すように露出させる。乳首は既に立っていた。

両手で揉み上げて乳首に吸い付く。妻の口から小さな喘ぎ声が漏れ始めている。私は自分がいつもより乱暴になっているのが判った。妻をメチャクチャにしたかった。

さっきまで同僚の責めに対し狂ったようによがり声を上げていた妻を壊してしまいたかった。私のペニスはこれ以上ないほど固くそそり立ち、興奮のあまり先端からはもう透明な液体が滲み出していた。

妻をうつ伏せに転がし、腰を高く上げさせる。パンティをパジャマのズボンごと引きずりおろした。白く大きな尻が目の前に現れる。さっきまで同僚が掴み、後ろから突きたてていた尻だ。

亀裂からはすでに愛液が溢れ出し内股まで濡らしている。妻の肉体は感じやすいほうだが、こんなに濡れているのは見たことがない。同僚との情事の残り火に火が点いたからだろうか。そう思うとなおさら私の嫉妬心が燃え上がる。

妻の亀裂をよく観察してみると、大陰唇は赤く腫れ上がったように充血していた。同僚のペニスに擦られたせいだろう。私は指を妻の亀裂に差し込みかきまわした。枕に顔を埋めたまま妻が「あうっ」と声を上げる。

亀裂からは止めど無く透明な愛液が流れ出し、グチュグチュと音を立てている。内壁が蠕動し指に絡み付く。妻の絶頂が近い。くぐもった喘ぎを漏らしながら妻はゆらゆらと腰を動かして、自ら登りつめようとしている。

その時私の視界にあるものが飛び込んできた。妻のアヌスが微かではあるがひくひくと蠢いている。脳裏にあの衝撃的な情景が蘇ってきた。同僚がバックから責め立てながら妻のアヌスに指を差し込んでいた、あの光景。

妻のアヌスへの刺激を試みた事は今までに何回かあったが、すべて強く拒絶されていた。しかし、同僚は妻のアヌスへの指挿入をあっさりと果たし、妻はその行為に強く性感を刺激されていた。

「いやっいやっいやぁぁっ、狂っちゃうーっ、お、お尻なんてっ、いやーっ、いくーっ」もはや絶叫に近い声を上げて、自分から腰を振りたてていた妻の姿。

夫である私に触れることを許さなかった聖域を赤の他人である同僚に弄ぶことを許し、その指のもたらす快感に狂った妻。目の前で物欲しげに蠢くアヌスは、妻の裏切りの象徴に映った。

亀裂から指を引きぬき、愛液をたっぷりとアヌスに塗りつけて人差し指をめり込ませて行く。妻がびくっと身体をしならせ、「ひぃっ」と声を上げた。構わず指を押し込んでいく。

めりめりと筋肉が広がっていく感覚が指先から伝わってきた。第2関節まで差し込んだところで一旦止め、前後に出し入れを始める。ぎゅうぎゅうと締め付ける感覚が徐々に弱まってくる。

「いやっいやっいやっ・・ああっ、お尻なんてやめてっ、あううっ」妻は顔を左右に振り、髪を振り乱しながら私の行為に抗議していた。しかしその言葉とは裏腹に妻の亀裂からは愛液が溢れだし、糸を引きながらシーツに垂れ、染みを作っている。

私は指を引きぬき体勢を整え、ペニスを妻の秘部に突き入れた。ぬるぬるとした感覚がペニスを包む。妻の腰をがっちりと掴み、しゃにむに突き立てた。妻の尻と私の腰がぶつかり合いパンパンと音を立てる。

絡みついた襞がペニスを断続的にきゅっきゅっと締め付け、射精を促し始めた。バックからの責めがあまり好きではなかったはずの妻が、口を半開きにして悶える。

「ああっ、いやっ・・凄い、はあぁ・・ひぃっ」両目をつむり眉間にしわを寄せながら快感を貪っている妻。だらしなく開いたままの口からよだれが一筋垂れている。その表情のあまりの淫靡さに私自身興奮の限界が来ていた。

我慢しきれずそのまま妻の膣内に精液を暴発させた。私のペニスは何度も妻の体内で脈動を繰り返し、大量の精液を吐き出し続けた。最後の一滴まで残らず出し尽くすまで私は妻から離れようとはしなかった。

それこそが妻に対する夫である私の所有者としての刻印だからだ。しかし妻にとっては不満の残るセックスだった事も否めなかった。絶頂直前まで押し上げられ、あと一歩の所で放り出されたのだから。

「3週間ぶりだもんね、仕方ないわよね」慰めにも、諦めにもとれる言葉をぽつりと漏らし、妻は背中を向けて眠りについた。

元スレ: ttp://pie.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1089725551/