bb01
アロマエステでアシスタントを装い男性客のオチンチンを観察しちゃった私w

私は行きつけのアロマエステで、いつものオイルマッサージを受けて帰る間際に男性の声がしたので、先生に聞くと、店は女性専用だけど、紹介者がある場合だけ男性客も入れてることを初めて知った。

その時、男性も同じように紙ショーツを穿くのか、どう施術するのか質問したら、オチンチンが収まりきらなかったり、勃起してしまう人がいることを教えてくれた。

内股の部分やへその下あたりにオイルやクリームを塗る時に、勃起して窮屈そうで可哀想だから断ってから脱がしてしまうらしい。

そんな事を聞いたら見てみたいと思って、冗談で言ったら、アシスタントの1人がちょうど休みだったので、私が白衣を着て見学するこになった。

少し打ち合わせをした後に、先生が施術してる途中に呼ばれて手伝うように装って、あっちこっちに動くオチンチンをガン見しちゃった。そんな体験談。


先週の土曜日、女の先生一人とアシスタント一人でやっている行きつけのエステに行った時の話です。

この日は、アシスタントの子が、急に休んじゃって先生一人でした。 そして私が、いつものオイルマッサージを受け、そろそろ最後のシャワーに、といった時、玄関先で、男性の声がした。

だから、「男のお客さん?」と聞くと、「最近、男性でもスリミングとか、ボディケアのお客さんが来るんですよ」とのこと。先生は待合室に、その男性を迎え入れて、「10分ぐらいお待ちください」と言って戻って来ました。

どうも売上が落ち込んでいるので、基本的には女性専用だけど、紹介者がある場合のみ、男性客も入れているようなんです。できるだけ女性客とは、かち合わないようにしているそうなんですが、この日はやむを得なかったようです。

でも私が、「男の人も、私達と同じ紙ショーツを付けるの?」と興味を示すと、その後は、ヒソヒソ話で、「ユミさんは常連さんだから話すけど、男性客の中には、アレが収まりきらなかったり、施術の最中に大きくしちゃたりする人もいるのよ」と言う。

私が更に「えーじゃあ大きくなっちゃったらどうするの?」とこちらも小声で聞くと、「内股の部分やおへその下あたりにオイルやクリームを塗る時は、どうしても動くから、はみだしちゃうし、ショーツに締め付けられて痛そうなんで、一言ことわってから、ショーツを膝あたりまで脱がしてやるの」と笑いながら教えてくれました。

そして私が、「へぇー面白そう、一度見てみたいな」と冗談っぽく言ったら、「時間があるなら、見てみます?仰向けの時は、目の上にタオルを掛けているから、こちらの顔は分からないですよ。でも念のためにアシスタントということで、白衣だけ着てね」と言われました。

シャワーを済ませ、事前に渡された白衣を来て、待つこと約30分。「ユミさん、タオルとクリームを持ってきてください」と打合せ通りの声が掛かったので、カーテンを開け部屋に入ると、男性は、施術ベッドの上で、顔にタオルを乗せられ、紙ショーツだけで仰向けに寝ていました。

30歳ぐらいの、ちょっと太目の体型。既に股間は、モッコリ状態で、ハチ切れんばかりでした。そして先生は、発汗効果のあるクリームを足から太ももへ擦り込み、下腹部へ移った時、「ごめんなさい、ショーツをずらしますね。失礼します」と言うと、膝上まで一気に脱がしてしまいました。

勢い良く飛び出たオチンチンは、おへそに向って一直線に反り返っていました。先生は、声を出さずに笑っている私の顔を見て、ニコッと笑うと「ねぇーこうなのよ」といった顔をしました。

先生は、オチンチンには、直接さわらないように、下腹部と太ももの付け根あたりにクリームを塗りつけているんですが、当然、大きくなったオチンチンは、あっちへいったりこっちへいったり。そのオチンチンの先っぽを見るとなんとなく透明な液体で濡れていました。

そしてクリームを塗り終わると、私に、「ユミさん、ショーツを上げて」と打合せにない指示をしたんです。私は、一瞬エッと思ったんですが、「ハイ」と言って、ショーツのゴムをつまんで、子供に履かせるように、引き上げたんです。

でも、大きくカチンカチンになっているオチンチンが、中々うまく収まらなくて、戸惑っていると、先生は、私の手をオチンチンの根元あたりに持っていき、つまませるように押さえつけると、ショーツの中に無理やり押し込んでしまいました。

ショーツの中では、横向けに押し込まれたオチンチンが、可哀想なぐらい苦しがっているようでした。その後は、お腹から胸にかけてクリームを塗り、ラップを巻いて終了。10分ぐらいして、シャワーというコースだったんです。

その男性が、シャワーにいっている間、「どうでした?」と聞かれたので、「看護婦の友だちから、剃毛の時の話なんかは聞いていたけど、赤の他人のオチンチンに触れるなんて初めてだったんですよ」と言う。

そうしたら「このことは、ナイショにしておいてね。でも興味があったら、また今度機会があれば」と言われました。とにかく私にとって、ドキドキの体験でした。

元スレ:ttp://wow.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1049954764/