bb01
貧乳の後輩女をだき枕にして悶々しながら寝たったwww

大学のサークルの合宿で厨房みたいに枕投げや布団投げまでした時に、貧乳の後輩女と生き埋めになった。勢いでディープキスしてしまい、結局一緒の布団に入りイチャイチャしながら乳首とクリトリスを愛撫した。

途中で後輩男が部屋に乱入して来て、その場は中途半端なところで終わった。それからは表面上は今までと同じだったが、数ヶ月過ぎた時に朝まで飲み会をすることになった。

その時に昼過ぎから用事があるから部屋に泊めて欲しいという。冗談だと思って承諾したら本気だった。一緒の布団に入り横になったが、眠れる訳がない。抱き枕にしていいと言うので、悶々しながら抱きながら眠った。そんな体験談。


サークルの合宿で貧乳の後輩女と一緒の布団に入り乳首とクリを責めたったwww
http://erogazosk.gger.jp/archives/36700072.html


そして合宿はそれからは何事も無く終わった。それが6月のことだった。その後、後輩とは普通の関係に戻った。みんなで遊びに行くときに一緒になることもあったけど、お互いを特別視しすぎないようにしていたと思う。

そして、合宿から大体10ヶ月くらい経って、小さな事件があった。例の後輩とオール飲みをする機会があったんだよね。たしか俺がやってるバンドのライブに後輩が見に来て、そのままみんな一緒に徹夜打ち上げに行った。

俺は最初後輩と同じテーブルで飲んでいたが、その時に後輩が話しかけてきた。「明日昼用事あるんです・・・朝方、俺さんの家に 一緒に帰ってちょっと寝てもいいですか?」と言い出した。

後輩の家は一回帰るには遠すぎる位置にあった。でもスケジュールからして、時間的には全然余裕があるのに、不思議なこと言うなーと思ったのを覚えてる。

あ、冗談なのかもしれない、と思い「マジかよ。いいけどさーww」と軽く流しておいた。俺は出演者なので、来てくれた人に挨拶周りとして別のテーブルに移り酒を飲んで盛り上がっていた。

やがて始発の時間になったので、お開きにしようかー、と言って金を集めた。後輩が傍に来て、お金を払いながら「行っていいですよね?」と小声で聞いてきた。本気だったのか・・と思いつつ、「いいけど」とだけ答えた。

そうして、他のメンバーに見られないように、わざと遅れて店を出て、二人で電車に乗り込んだ。どうやら何人かには目撃されていたようだが・・・結局一緒に帰って寝ることになった。

後輩はやたらウキウキワクテカしていたようだが、俺は非常に不安だった。今回いい雰囲気になったら、間違いなくヤってしまうだろう。なんせ合宿所でなく俺のアパートなのだから・・・・。

悪いことに俺の家には布団はひとつしかない。逆にラッキーかもとか邪なことを考えつつ、後輩と二人で一つの布団に入った。後輩はその状況をそこまで変に意識していないように見えた。

酔ってるしすぐ寝るだろう、と思っていたのに、隣にいる後輩を意識してしまい、睡魔が来ない。「寝れねえ・・」とぼやいた。

「変なこと考えてませんか?」
「・・考えてる。」
「もうー変に意識しないでください」
「しょーがねーだろ、男なんだから」

そう言って俺は後輩のナイチチの胸に手を伸ばした。「コラっ!」っと叱られる。

「駄目です寝ますよ」
「この微妙な雰囲気じゃ寝れねーっつの」
「じゃあ枕だと思って下さい。」
「だから・・・えと・・抱きしめるだけならイイですよ」

なんてと後輩は言った。男がハグだけでおさまると思ってるところが甘いよ、このアホと思ったけども、後輩の可愛さに萌えつつ、その健気さに脱帽してその日は後輩を抱きながら眠った。

そして数時間して後輩は帰った。後で聞いたが、このときは後輩の彼氏が長期海外旅行に行っていて、ほったらかしにされていたために、軽い復讐心のような気持ちから俺と一緒に寝てやろうと思ったらしい。

元スレ:ttp://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/kageki/1172423690/


猫みたいにじゃれてくる貧乳の後輩女とついにやっちゃったwwww
http://erogazosk.gger.jp/archives/37036970.html