b01
35歳の叔母さんに夢精がバレてオチンチンを手コキされたったw

僕が小学の高学年になった頃の夏休みに、田舎の親戚の家に1人で遊びに行った。そこで事件に巻き込まれることも無く、楽しい日々を過ごしていたある朝、起きてみると夢精していた。

どうしようか思案して頭の中はパニック状態で、布団を被っていたら、35歳の叔母さんが起こしにやって来た。その時に夢精したことがバレて、パジャマのズボンとパンツを下ろして、オチンチンを拭かれていたら勃起した。

それを見た叔母さんは変なスイッチが入ったのか、軽く手コキをされてしまった。そんなちょっとエッチな体験談。


あれは僕が小学校6年の時です。夏休みに親戚の田舎に1人で泊まりに行きました。

なんと僕はそこで夢精してしまったのです。どうしようかと思い、布団にもぐっていました。すると親戚のおばさん(当時35歳)が部屋に来ました。

「もう起きなさい、パジャマ洗濯するから」と言いました。僕は「お腹が痛い・・」と言いましたが「何言ってるの!」と布団をガバッとめくられました。

そしてパジャマを脱がそうとしてきました。僕は必死で抵抗しながら「・・いや、あの、おねしょを・・」と言ったんだけど、「何も濡れてないじゃない。何を恥かしがってるの?」と、おしりをポンと叩かれました。

股間を押さえてる僕の様子を見て「・・あ~・・」と夢精した事を理解した様子。

「僕君も、もう大人の仲間入りなんだね」
「えっ?大人?」
「大丈夫、恥かしい事じゃないのよ」
「男の子は誰でも経験する事なんだから」
「さぁ洗濯するから脱いじゃいなさい」

僕は仕方なく起き上がり、ズボンだけを脱ぎました。おばさんはパンツのゴムを引っ張り覗き込むと「あ~っやっぱりね」と言いました。「今日が初めて?」と聞かれたので「前にも1度・・・」と答えました。

おばさんはティッシュを持って来ると、パンツをふともも辺りまでずらして。パンツに付いた精子を拭い取りました。そして次にオチンチンの周りやオチンチン自体も綺麗に拭いてくれました。

最初はくすぐったかったのですが、勝手に勃起してしまいました。「フフッ・・やっぱりちゃんと起つんだ」と言いながら、オチンチンの先を拭いてます。

そして「こうすれば気持ち良いんだよ」と3本の指でつまむと軽く手を動かしました。「ね?気持ち良いでしょ?」と僕を見ながら聞いてきました。

「・・・うん、気持ち良いよ」と目を閉じると「フフッ」と笑い、手の動きを早めました。僕はその快感に1分も耐えられずに「っあ・・出そうっ」と声が出ていました。

おばさんはティッシュをシュシュッと3枚取ると「全部出しちゃいなさい」と手の動きを一段と早めて、「あっ!ううっ!」と僕はイッてしまい、それをティッシュで受け止めてくれました。

「これは性教育で誰にも内緒よ」と言われ「昼から川に連れて行ってもらうんでしょ、それまでは宿題やってなさいよ」と言い部屋を出て行った。

その後は何事もなかったように普通だったけど、僕の年上好き属性が始まったきっかけだと思う。

元スレ:ttp://www2.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/995047543/