b01
泥酔したら嫉妬した女にお持ち帰りされて騎乗位でやられたったwww

大学時代の友人が集まって都内の店でプチ同窓会をしていたら、高校時代の先輩女が会社の同僚女を連れてやって来た。偶然遭遇した割に人数も4対4で同じだったので、プチコンパみたいになった。

先輩女と会社の同僚3人は美人さんだったけど、1人だけクリーチャーが交じってた。でもその子は話すと面白いし、サッカーが好きという共通の趣味が同じだった。

俺は彼女持ちだったので、友人にキラーパスを出しながらクリーチャーとばかり話をして盛り上がっていた。そのうち終電の時間になったので先に店を出ようとした。

そうしたら、ちっこい美人女の1人も帰ると言い出し方向が同じだったので一緒に帰ったら終電は途中までしか行かず、漫喫で時間を始発まで潰そうとしたら、美人女から飲み直さない?と誘われてついて行った。

いつの間にかガンガン飲まされて、あっという間に酔い潰れてダウン。目を覚ましたら「知らない天井だ」をマジでやった。どうやら潰れた俺を介抱して、美人女の家まで連れて帰ってくれたみたいだった。

もう少し寝ていたらと言われて、そのままベッドで寝ていたら下半身がムズムズするし、超気持ちいい、なんもいえねーと思って見るとフェラチオされて弄ばれていた。

次第に追い込まれて、やばいよ~やばいよ~状態になったら、いきなり美人女が跨って騎乗位で、熱いマンコの中にチンポを収納された。そんな女にお持ち帰りされちゃった体験談。


都内のお店で大学時代の友人たち3人とプチ同窓会を行っていました。そこで偶然高校時代の先輩女が来店して遭遇したらあっちも4人。隣の席を確保してプチコンパの開始です。

相手は俺の先輩女とその会社の同僚で3人は超美人、1人はクリーチャー。男の1人は既婚者、俺は彼女持ちなので友人2人へキャプテン翼の岬くんみたいにパス出しまくり。

クリーチャーの相手をしていたら、この子がめちゃ面白い子だった。さらにサッカーを見るのが趣味で、俺もだったのでずっと共通の趣味の話で盛り上がってました。

パスをもらっている友人たちは他の女の子2人といい感じ。既婚のやつは奥さんにバレるのがガクガクブルブルだったようで、あまり話していませんでした。

しばらく時間が過ぎて、俺は終電がなくなるので帰るよ~と伝えたところ、美人女の1人も終電で帰るとのこと。この子は150cmの小型美人、胸も結構あって、色気と言うかエッチな雰囲気の女性。

ちょっとだけ話をしてみて、同じ千葉方面なので同じ電車で帰ることにして、もう少しクリーチャと話をして盛り上がってました。時間が来たので一緒に帰ったわけなんですが、姉さん事件ですとトラブル発生。

終電は千葉どまりでして、俺はそっからさらに南へ下る必要があったわけです。その子が「ごめんね~飲んでなかったら、私の車で送ってあげるんだけど・・・」って言ってくれてました。

でも、飲み会でクリーチャーとコアなサッカー話で盛り上がって後だった俺はご機嫌だったので別に気にしなかった。俺は「いいよ~どっかマン喫で始発まで待つから」と言って店に行こうとした。

そうしたら女は「じゃあ迷惑ついでに、私は飲み足りないから、もうちょっと飲むけど、付き合ってくれる?」ってことでご一緒したわけです。

俺は下戸なので飲めないよ~といっていたのですが、どんどん飲まされ、徐々に意識が飛ぶました。しばらく経って気が付いたら知らない部屋で寝かされていたので、「知らない天井だ」を本気でやった。

ふと見ると一緒に飲んでいた女の子が横で寝化粧(?)をしていた。だからこれまでの経緯を聞いてみました。

なんでも飲み直していたら俺が徐々に怪しくなる→ 何を聞いてもニコニコしかしなくなる→ これはやばいと思い家に保護→ でも足取りは確かだったので楽だった。→ ベットを見つけた途端に入った瞬間寝てました。

迷惑かけなくて良かったと思い。帰ろうとしていたら、「少し私も寝て酔いがさめたら車で送ってあげるよ」と言う。そこまで迷惑かけるのもあれだと思ったんです。

でも酔いが回っていたため、ありがたくお願いして、もう一度睡眠。その子もいつの間にか同じベットで寝ていました。それからしばらくして、またふと目が覚めたんです。

なんだか股間がもぞもぞ・・・超気持ちいいなんもいえねーと思ったらフェラチオされてました。ジュパ、ジュパって音が響いてる中どうしよう、出ちゃいそうになったらそこで終了。

何だよ終わりかよ、んじゃ俺も起きて反撃するか?と思っていたら、その子がもぞもぞと俺の上に乗ってきます。マウントポジションを取られて、チンポを掴みマンコにズブズブズブと自分で挿入してしまう。

女「ハッ、ウン、アァァァー」

生ですよ。全部納められちゃいましたよ。すごく入り口きつくて、中熱い俺の上にうつぶせになって猫なで声を出す。
 
女「気もちぃぃ、そろそろおきて動いてぇ」
俺「動いていいの?」
女「え?」
 
下から突然ガッツンガッツン突き上げてみた。

女「あ、いやぁ、起きて、あ、っは、たの?、あ」
俺「うん、気持ちよくて何されるか期待してたの」
 
その間もズコズコと穴に向かって突き進むと、「ア、アァ、アァァ、ハァァアァ、いじわるぅぅぅ」と喘ぎまくり。途中で動きとめてエッチされた理由を聞いてみた。

俺「何で襲ったの?」
女「寝てた顔がセクシーで女の子の顔みたいだったの・・・」
女「ちょっと触ったらピクッて反応したし・・・」
女「私の方もジュンって反応しちゃったから」
俺「だから食べちゃったんだ?」

女「それに、クリーチャーと仲良く話してて」
女「あたしの相手してくれなかったからちょっと焼けちゃって・・・」
俺「ふーん」
女「うん、だから・・・ね、動いて」

そんな事を言われた俺は体位変換で上になって、そのままヌプヌプ。おっぱいを触りたかったので、寝巻きの前だけ外して御開帳。カラダは小柄だけど、胸は手に余る大きさのおっぱいを発見。

揉んだり乳首を弄ったり舐めまわしながらピストン運動。その間、女は声を押し殺しながらハァハァしてた。いまいちか?と思ってさらに速度UPした。

女は「あ、だめ、ダメダメダメ、そ、あ、いく」と高みに昇って、よっしゃーっと思ったが速度UPは諸刃の剣こっちも限界だった。

俺「俺もいきそ・・・外に出すよ」
女「口に、あ、あちょ、あ」
 
そのまま付きまくって、イキそうになった瞬間お口へパスして終了。あとは2人で裸で抱き合って寝ました。

その後、友達になって、きっかけが襲われたので酔わせて襲ったりと、何度かエッチしてたのですが、今は相手に彼氏ができたので、メールのやり取りしかしていません。

以上で持ち帰られた経験でした。2年ほど前の話ですが、後にも先にも記憶をなくしたのはあの時だけでした。つたない文章ですが、お付き合いいただきありがとうございました。

仕事してきます(・∀・)

元スレ:ttp://wow.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1080191777/