b01
厨房の修学旅行でヤンキー女とお互いに初体験したったwww

俺が中学の修学旅行に行った時の話だけど、宿で深夜まで起きて騒いでいた。そうしたら女の子4人が部屋に遊びに来たので、UNOしたり雑談してると定番の教師の巡回がやって来た。

だから足音を察知して、それぞれ押入れや布団の中に潜り込んで隠れたり寝たふりをした。その時にヤンキー女と一緒の布団の中で、密着したまま息を殺して教師が出て行くのを待っていた。

しばらく沈黙の時間があって、教師が隣の部屋に向かったのを確認すると押入れや布団から皆出てきた。その後は部屋の男友達は女子の部屋に行く事になったが、俺は密着していただけでチンコがオッキしていた。

その頃は恥ずかしさもあって、勃起してるなんて言えずにいたらヤンキー女が凄みをきかせて、俺をその場に残るように仕向けた。皆がいなくなると突然、「ずっと好きだったんだ」と告白されて抱きつかれてしまった。

ヤンキー女はよく見ると可愛い顔立ちだったが、恐い兄貴が暴走する人たちの頭で、関わるのは、やばいよ~やばいよ~。でも、思春期の俺は初な少年から獣に変わり、抱きしめ返してキスしたら布団に押し倒していた。

普段見ているギャップに理性は崩壊。つたない愛撫もそこそこに、キツキツの処女マンコに挿入。猿のように腰を振った。そんなヤンキー女とエッチしちゃった体験談。


中学の修学旅行の時なのだがまぁ普通の中学生らしく麻雀したり語ったりしてたら深夜2時頃。女子4名が部屋にきた(普通のコ3人とヤンキーっ娘1人) 引き続き麻雀したりUNOしたり雑談してると教師の巡回がきた。足音を察知し押入れに隠れたり布団に隠れたりした。

俺も咄嗟に布団に隠れたら同じ布団に潜り込んだのがヤンキーのコ(以下A)で、教師進入の為移動も出来ず密着したまま息を殺してたけど体験した事の無い弾力が俺を襲ったw 腰を引こうにも動くに動けなくておっきしたジュニアがAの腹付近に衝突。

長く感じた沈黙の時間が終わり教師は電気つけることもなく退場した。足音が隣の部屋に行ったのを確認すると押入れや布団から皆出てきた。俺とAも布団をめくり起き上がりはしたが生憎俺のジュニアはエレクチオン中の為立ち上がれないw

同部屋の友人と女子3人はヒソヒソ声で女子の部屋に一緒に行く話しをし始めるが、もちろん俺は動けないのに、友人が「行くぞ」とアゴをくぃっとやるが動けない。そんな俺の方に友人がきて行動を促そうとすると、Aが友人(以下B)の手首を掴みヒソヒソ声なせいか迫力はイマイチなのだが「あんたらだけでいきなよ」と凄んだ。

Bはちょっと口元をニヤつかせながら「じゃw」と一声と言って他引きつれ出て行った。でもエレクチオンは納まってないので身動きとれずにいるとAが口を開いた。「実はさ・・・俺君の事ずっと好きだったんだ・・・」と抱きついたまま顔を上げずに言った。

正直Aの事は兄貴が珍走の頭で関わるとヤベーwと思ってたくらいだったのだが、エレクチオンしてる手前もう勢いで抱きしめ返してしまった。しばらく抱き合って自然に顔合わせると、普段ケバめの化粧してるのとは違ってスッピンを見るとかわいいw

ここで理性終了のお知らせが頭の中で鳴った。Aとキスしはじめたらなんかもう気づいたら押し倒していた。修学旅行なもんでAはジャージ着用だったので脱がし始める。中に着ていたTシャツから乳首がツンと出ていた興奮は今でも忘れない。

下に手をかけるとちょっと涙目になってるAが「わたし兄貴がああだから男っ気なくて・・初めてだから」と呟いたら普段見ているAとのギャップに残ってた理性もすっ飛び「うん」と一声だけかけ一気に脱がした。エロ本とAVくらいしか知識の無かった俺だったがとりあえず本能の赴くままに薄めのヘアをかきわけ割れ目をひと撫でした。

びくっと動いたAをM字開脚ごしに見ると両手で顔を隠していた。見られてないことでちょっと安心したのか少し濡れていた割れ目に指を1本入れてみる。キツいw Aも思わず変な声を出したが「ごめんなさい・・続けて」と言われ少しづつ動かす。

AVのように少しずつ出てきた汁を舐めてみると少しすっぱい感じがしたがそれが余計に興奮を促した。布団の中で密着してからずっとエレクチオンしっぱなしだったせいかここで辛抱出来ずに「入れていい?」と聞くと、Aは「うん・・・」と小さい声で頷くだけだった。

ゴムなんて気の利いたものもってきてないのとそんなに頭回ってなかったので生で挿入を試みるがキツい上に踏ん張るもんだから中々入らない。知識も経験もないので意を決して一気に貫通を試みるとAは「ヴっ」と声を出してすぐ口を押さえる。

そしてめでたく貫通してからはもう必死に猿のように腰振ってました。5分も経たずにいきそうになりAに多いかぶさり耳元で「ごめ・・いきそ・」と言いかけながら中に放出してしまった・・・。しばらく二人とも放心状態になってたけどAからキスしてきて我に返った。

俺は「痛かった・・?」と聞くとAは「うん・・・すごく>< でも初めてが好きな人でよかった」と抱きついてきた。血はそれほどでなかったようだが結構溜まってたようでAの割れ目から溢れてきた精子で布団が凄いことになっていたw

服もきないままとりあえずバッグからポケットティッシュをガサゴソして探し出し拭いて、シーツをバッグに詰め込み(結局持ち帰りw) 二人とも服を着た。終わった頃には外が薄く明るくなってきたので、Aと時折キスしつつ 「付き合おうっかー」みたいな会話をし付き合うことになった。

無論Aの恐い兄貴の事なんてその時は100%忘れてたwww

因みにB達は朝食の時食堂で会うまで戻ってこなかった(ありがとうw)B達からは朝食後部屋戻ってから散々問い詰められたがなんか心地よかった。修学旅行中は結局アソコがヒリヒリするからまた今度と言われ終わり、班とか無視してAと自由時間回ったりするくらいで、普通に終わった。

戻ったあとはまぁ普通のカップルだったとは思う。でも半年くらい経ってから知った兄貴が彼氏出来たのが気に入らなかったのか俺が気に入らなかったはわからない。兄貴が原因でAとはギクシャクになってしまい高校進学で疎遠になったのもあって自然消滅した。

それから数年後、彼女つれて地元の祭り行ったら赤ん坊背負ったAがカキ氷売ってたw とりあえずパンチパーマにねじり鉢巻の旦那らしき人もいたのでただの同級生トークだけして、カキ氷を買ってお別れした。無論、彼女にも言えなかったw

元スレ:ttp://venus.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1215496240/