bb01
スーツ姿の女子社員の白い尻を露出し立ちバックでハメたったwww


営業の外回りを新人の女子社員と二人で行っていた。途中で雨が降り始めて近くの体育館の外部で雨宿りしていた。するとどこからか声が聞こえてくる。

耳を澄ますとブロック塀の陰から誰かの話し声が聞こえるので、隙間から覗いてみると、カップルが押し殺した声で前戯して立ちバックを始めた。

女子社員に密着して覗いていた俺達は雰囲気に当てられて、我慢できずにこちらもスーツをはだけて、おっぱいや白い尻を露出し後ろから後背位で突きまくった職場であった素人のエッチな体験談。



新人女子社員と二人で 外交徒歩営業してたら雨が降り始めた。某体育館の外部で雨宿りしてた私達の 左脇(ブロック塀)の影から話声が聞こえてくる。

「そこって まわりから見えないですよね?」といいながら明るい彼女は悪戯半分で隙間から覗きはじめた。私は先の禁煙ブームの煽りで肩身がせまいのもあって一服しはじめた・・・。

P場は反対側・・・目の前には林が在りちょっとした街のエアポケットだった。商品は雨で売れない営業としては 心が折れる瞬間だった。

私はカバンに座り込みタバコを 吹かしながら自問自答の時。しばらくして缶コーヒーを買いに行き覗きに飽きた彼女に渡した。

すると「・・・アリガトウゴザイマス・・・」と何だか様子がおかしかった。「どした?・・・疲れたかな?」と聞くと「イエ・・・ソノ・・・」と答えるだけ。

その時、塀の向うから押し殺した様に「ハァハァ・・・アッ・・・アッ」と聞こえてくる。私達は慌て急いで同じ穴から 覗きはじめた・・・中のカップルは 背中を向け 後ろから前戯中だった。

次第に私の肉棒は堅くなり彼女の尻(立ちバックの位置)に密着している事に気付いた。ジャージカップルはそのまま 立ちバックしはじめた頃だった。

「○○サン・・・アツイ・・・ノガ・・・アッ・・・」と尻に触れたチンポの熱を感じ取ってる様子に私は我慢できずに後ろから彼女のシャツの中に手を這わせる。するとすでに尖った乳首を撫でまわした。

彼女は私の股間をまさぐり熱くなった肉棒を引き出し・・・亀頭に指とヌメリを感じた。自ら女陰を亀頭でなぞっている・・・覗きながら二人の痴態と外交営業の途中でスーツ姿。

凄く興奮したまま彼女に導かれ少しキツイ女陰に挿入した。「ハァハァ・・・ハイッチャッタ・・・ン・・・イイッ・・・キモチイイ・・・アッ」と声を漏らす。

半身をよじり私は彼女の耳を舐めて甘ガミを繰り返す。雨音と汗まみれの身体から発するメスの匂い。静かにゆっくりにしか突けないもどかしさがあった。

しばらくして彼女は「ハァハァ・・・下・・・脱いヂャッテタノ・・・突いてぇ・・・オネガイ‥イキそう~」と懇願してくる。バレても い~やと、まわりの環境を忘れ焦らしながら浅く!深く!浅く!深く!深く!深く突きまくった。

シチュエーションに興奮して直ぐに「アッ!ン~!アッ!アッ!イイ~!イッ!アッ!イクう~・・・中にぃ~・・・・・・イッショニ~・・・〇〇サン・・・アッ!ハァハァ・・・出してぇ~・・・」と大きめの声を上げる。

そんな彼女の口を右手で塞いだまま「ンン!んっ!んっ!ンン~んっ!んクーーーー!!」くぐもった声で喘ぐ。「はあ!はあ!精子出すよ!」と伝えると、また半身をよじり涙目で何度も頷き「ん!ん!イクう~ウウーー!」 
大きくビクンビクンと体を震わす。

「うぅ!クぅ・・・」とイクのを肉棒に感じながらギギュウと締まる彼女の子宮に精液をぶちまけた。脚をガクガク震わせ崩れる彼女を抱き抱えながら肉棒をゆっくり引き抜く。

愛液と汗の香りといとおしさ。オレの腕の中にもたれ身体中から放香している。「ん・・・ん・・・ん・・・」と時折まだヒクヒクしている様子に大興奮。

すでに柔らかいがまたペニスを根元まで入れた。ゆっくり、ゆっくり内壁を感じていると堅さはもどった。そしてゆっくりと前後にピストンする。

彼女は「ンン?・・・あぁ~・・・」と気付き観念した様に声をもらしはじめた。腰を力いっぱい掴み突きまくると「あっ~!あっ~!」と声が大きいので後ろで手を組ませ左手で引き支え右手で口を塞いだ。

立ったまま身体を仰け反らす格好でスーツ上着は全開。シャツからは柔らかな乳房を揺らしている。黒いミニスカはまくれ白い尻が露出。内股は流れる愛液と精液がパンプスまで滴っている。

そんな乱れる姿にSっ気が出てくるので獣のようにハメまくる。「んッ!んッ!んッ!クゥッ!はあ!はあ!イイッ!はあ!気持ちいいよぉ・・・」と彼女も感じまくり。

愛液は粘り気を増し精液と混じり女陰からグチュッ!グチュッ!グチュッ!と音が響いた。「イイッ!気持ぢイイよぉ~ あっ~イッヂャウぅ~いぐぅ~~あぁ!」と叫ぶように声を上げる。

射精が近くなったので「イクよ!出すよ」というと、「出しでぇ~イッデぇ~イッぢゃぅ~!」と喘ぐ。我慢していた残りの体液全てを彼女の子宮に放出した。

ビク!ビクん!ビクん!と脈動する。「あ~っ・・・あン・・・あっ・・・あン・・・んん・・・」立ってられない様だ。ペニスを 引き抜くと上着を下に敷いて横たわらせた。

周囲が気になり見渡したが大丈夫なようだった。白い尻の間から滴る混じった体液に目が釘づけになった。赤ピンクの女陰とアナルがヒクヒクしている体液まみれの脚線。時折息づく女体は卑猥だった。

起き上がる彼女を思わず抱き締めると唇を合わせてくる。味わう様にキスをした。その後落ち着いてきたときに「気持ちよかったぁあ~~〇〇さん・・・にぃ~犯されちゃったあwww」と冗談をいう。

俺は飲んでいたコーヒーを思わず吹き出したwww直ぐ彼女が「あっ」とハンカチで拭いてくれた。だかよく見るとショーツだったwww「おい!ヌルっとしたぞ」と伝えると彼女は笑いながら目を閉じて、 口元、頬、顎、舌で舐めてくれた。

・・・身仕度を整え合いながら・・・「直帰しよーか!」というと、「お風呂・・・入りたいナ~~」というので二人で」笑いあった。そして全てを洗い流す様に外は土砂降りになっていた・・・・・。

元スレ:http://sakura01.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1143092686/