b01
ナンパした23歳のスレンダー巨乳女子と騎乗位SEXで堪らず中出しwww


俺が住むS県には地元では有名なナンパスポットがあった。毎週土曜の夜になると友人と複数で車でナンパを繰り返していた。そんなある日、運良く一発で成功して、3人組の女の子とカラオケに行くことになった。

まぁ早い話、結構酔いがまわっていた俺の友人2人とノリの良い女の子2人が意気投合して騒いでいた。途中でトイレに行くと行ってその4人がいなくなってしまう。

残ったのは元モー娘のミキティ似の23歳のスレンダー巨乳女の子だった。元からこの子狙いだった俺は二人きりのカラオケを楽しんだ後に少し酔ってるから帰るという彼女を送ることにした。

とりあえずその日は何もせず携帯番号とメールアドレスを交換して別れた。それから2週間くらい毎日メール交換して釣りに誘うことに成功した。

当日は仲良くアオリイカを釣って家に刺し身を食べに来ない?と誘って、彼女は泊まっていくことになった。昼間の疲れもあって俺は完全に寝てしまっていて彼女に背中を向けていた。

いつの間にか抱きしめられて目が覚めて起きた。そしてぎゅっと抱き返した後におっぱいを愛撫したりキスをした。

マンコを舐めたり指マンで刺激したら潮を噴出してシーツはびしょ濡れ。お返しにフェラチオされて余りのテクニックに思わず口内射精し、69で再起動したら少し焦らしながら挿入した。

だがチンポを入れて見ると彼女のマンコは名器で、騎乗位で物凄い勢いで腰を動かされたときは、我慢できずに中出しで俺がイカされた。結局、朝まで何度も体位を変えてハメまくり何度もイキまくりだった。


これは去年の夏に俺自身が体験した出来事です。当時25歳の俺は毎週土曜の夜になると友人と複数で車でナンパを繰り返していました。

俺が住むS県に鯨が浜というナンパスポットがありそこは海のすぐ横の浜沿いに車を止めてナンパするスポットでした。そこは暗黙の了解で女は軽、男は普通車と決まりがあった。

軽の横に車を横付けして会話をしてお互い気に入ればお互いでそこから撤収するというルールがありました。その日は夏のちょうど盛り上がる時期で8月5日でした。その日仕事(鳶職)が終わり友人と合流して3人で鯨が浜に向かいました。

現地に着いたのは夜の19時半でした。まだ薄暗くそこにはすでに軽車輌が10台ほど止まっていて男達が乗っている普通車も15台~20台ほど止まっていました。

とりあえず一番近くにいたワゴンRに並ぶことにしました。前には4台の普通車が並んでいます。待つこと40分くらいでしょうかやっと自分達の番に回ってきました。

自分はエスティマに乗っていて運転していて助手席にいた友人が主に話を切り出しました。俺の心の中は「どうぜまだ着いて来ないって・・」って思ってました。

軽車輌を除くと3人乗っていました。その中の助手席に座っている娘とずっと視線があってドキドキしていました。なんとか3人で「ねぇ~遊びに行こ!カラオケとかで飲もうよ!」とか言っていたら不思議にOKしてくれました。

めちゃくちゃ俺たち3人はびっくりして喜びました。いつもは夜中の0時まで粘ってようやく成功するというのに、今回はラッキーでした。そしてこのとき予想以上のことが起きるなんて思ってもいませんでした。


近くに24時間の大型ストアがあるのでそこまで2台並んで行き、そこからは自分のエスティマに便乗してもらうことにしました。運転者は俺、助手席 美里(ずっと視線があっていた女性)後部座席は男女4人がシートを回転してパーティーシート仕様にしていました。

車内はみんなで盛り上がり音楽ガンガンかけて海沿いを走ります。とりあえず自己紹介とか軽くおえて俺のお気に入りの娘は美里という娘でした。

俺より2つ下の23歳でコンビニでバイトしているということでした。美里の格好は上が白のタンクトップに下がローライズのジーパンでした。

体型はやや痩せ型ですが胸は結構あるように思えました。芸能人に例えると元モー娘のミキティにそっくりでした。

とりあえず行き先はカラオケに決定し夜の22時半にカラオケに入りました。カラオケにつくとみんなウーロンハイやらビールやら注文をしますが自分は運転があるのでオレンジジュースを注文しました。

食べ物も大量に注文して歌いながらみんな踊ったりしてみんなは結構酔いがまわってきていました。そんな中恒例?の王様ゲーム♪が始まりました。

俺の友人2人はどうも美里以外の2人を気に入っているみたいでキスやら胸もみを繰り返していました。その女の子2人は物凄い露出格好でいかにも好き者。みたいな感じだったので、俺は第一印象からずっと美里を見ていました。

そうこうしているうちに友人の健一とたかしが「トイレに行って来る」と言って部屋をでて女の子2人もあとを着いていきました。4人は最初からずっとハイテンションで別の空間にいるようでした。

とりあえず美里と歌いながら会話をしながら時間が30分くらいたったとき携帯にメールが入りました。「ごめん、今日たかしと女の子2人とホテル泊まるわ」でした。

その2分後くらいに美里の携帯も着信がなって「今から4人でボーリングに行くみたいよ」といわれ俺は思わず「そうみたいだね」と言った。

後日、健一とたかしから話を聞くと4人ともかなり酔っ払っていてホテルで4Pしたみたいでした。すごく4人とも燃えまくりで入れては抜き、もう一人の女に入れてと繰り返したそうです。

で、その4人が出ていった後は1時間ほどカラオケにいて夜中の3時にカラオケを出ました。美里は他の2人とは性格は違う感じですぐ笑う、綺麗というより可愛いといった感じでした。

カラオケをでて「これからどうする?」と聞くと「今日は少し酔ってるから帰る」と言いました。ここで強引に引っ張ってもよかったのですがすでに「惚れ」モードに突入していたので今日のところは黙って送ることにしました。

そして車をはしらせ美里の家の近くのローソンに着きました。とりあえずその日は何もせず携帯番号とアドレスを聞きバイバイしました。

それから2週間くらい毎日メール交換しました。仕事も自然と力が入り何事も頑張れました。ちなみに健一とたかしはその2人とはそれっきりだったようです。

そしてなんとかデートに持っていこうとして「明日、釣りに行かない?」とメールしたらなんとOKの返事がもらえたのです!

俺はシーバス、エギング、バスと得意中の得意なので(他の釣りはあまり知しませんが・・)この時期に望めるエギングにしようと決めた。

8月21日の朝9時にこの前のローソンで待ち合わせ。5分位して美里が現れた。この日は薄手の水色のシャツにミニスカート。「うわ~めっちゃ足細い!」って心の中で興奮度MAXで車を走らせた。

地元でも一番有望なH漁港に到着。「ねえ☆今日、何のお魚さん釣るの~?」と聞いてきたので「アオリイカだよ~」と答えた。漁港はアジの泳がせ釣りのおっさんが10人ほど並んでいた。 


とりあえずおっさん達の邪魔にならないように釣り座を確保して【アオリイカ簡単釣法】を説明すること15分。この日持参したタックルはロッド2本とエギを15個持ってきているのでまず美里に釣らせてやろうと投げ方、シャクリ方を教えて手を握って教えた。

「わぁ~面白い~♪」と美里が嬉しそうにはしゃいでいるが結構さまになっていた。そして2投目でなんと400gぐらいだが美里にヒット!

もう走るわ飛ぶわ抱きつくわでかなり喜んで貰えた。そして俺も開始して横に並んで釣りながら美里にアドバイスをして2人釣りを楽しんだ。美里は勘がいいのか飲み込みが早いのかなんと小型だが連続ヒット!

時間がたち、休憩をかねて昼の14時に車でクーラーをかけコンビニから買ってきた冷やしそうめんを食べた。食べてるときに「釣りって面白いね~」って美里が嬉しそうに言うから俺自身も嬉しくて、もうすでにぞっこんLOVEモードのスイッチが入っていた。

そして40分ほど休憩をし、再びエギング開始。この日は潮が良かったのか当たり日だったのか面白いように釣れる。しかもボトムまで落として3シャクリ以内でイカが当ってくるからたまらない。

結局夕方17時までエギングを楽しんで俺が12杯、美里が8杯だった。そして帰りの片付けをしているとき一か八かで「今日、俺の家でこのイカの刺身食べる?」と聞くと「え~お刺身で食べれるの~?食べたい!」と言うから小さくガッツポーズをして車に乗り込んだ。

いつもは家まで40分かかる道だがこの日は30分かからなかった。俺の家は親と同居だが両親ともほとんど家にいなくて姉が一人、しかも2階だからなんの心配も無い。

「お邪魔しま~す」と言って家に上がって台所に二人で向かうと・・・姉が立っていた。姉に軽く挨拶をして2人で手を洗い捌く段取りに入る。

ここでかっこいいところを見せてやろうと思い、料理人のような手さばきで?イカを捌いて見せた。美里は「キャーとかすごーい」とか言って興奮して美里にも捌くのを手伝ってもらった。

美里の手は白く指が長くいかにも起用な手をしていた。そして「ついでに夜ごはんも作って」とお願いすると快く受け入れてくれ二人でイカの刺身とそーめんとポテトサラダができた。

姉はとっくに自分の部屋に戻っていたので二人テーブルに座りビールで乾杯した。もの凄く上手かった。物凄く楽しかった。会話も弾んだ。

時計は夜の21時を過ぎていた。「美里、今日、うちに泊まれば?」と聞くと少し時間を置いて「うん」と返事が返ってきた。そのとき俺はすぐトイレに行き、夕方よりもでっかいガッツポーズをした。

美里を先にお風呂へ入れようとしたが着替えを持ってきていないし困った。姉に聞くとあっさりNOの返事が返ってきた。美里に俺の新品のトランクスでいい?と聞くと「うん」と返ってきた。

そこでお風呂の脱衣所に俺の新品のトランクスとTシャツとバスタオルを置いた。20分位してあがってきた美里はモッコリ度200%の姿だった。女性が大きいTシャツを着てトランクスを穿いている。

それだけで興奮が収まらなかった。俺がその後お風呂へ行きいつもは15分ほどだがこの日は10分もかからなかった。(アソコは念入りに洗いましたが) そして2階の俺の部屋でゲームをしてお互い無邪気に遊んだ。


時間はあっと言う間に過ぎていった。時計は夜の0時だった。「そろそろ寝ようか」と俺が言うと美里は「うん」と言った。俺の部屋のベットは当然だが1個。

ここであせってはいけないと思い美里をベットへ俺はベットのすぐ下に寝ることにした。これには作戦があった。美里は結構母性本能が強いと今まで接してきて思ったからだ。

美里は俺に気を使いながら従った。部屋の電気は薄暗くオレンジ球が一つ。ベットの上の美里とベットの下の俺がそれそれ今までの恋愛経験について語り合った。美里は今までの彼氏は4人と言った。

しかしこんなに可愛い娘が4人なのか・・・なんて想像たりして俺はだんだんと昼間の疲れなのか眠たくなってき。美里はふとこんなことを言った。「隣にきてよ」俺は心臓が高鳴った。

ここで慌てて言う事を聞いたら作戦失敗だから「なんで?」とじらすと「横にいて欲しいから」と可愛く言った。俺は美里の横に入り込んだ。二人の腕が微妙に当ったり離れたりして興奮する。

すでに下の息子は固いきゅうりになっていた。お互い緊張していたのか会話が少なくなり俺も緊張しまくった。時折話しかけてみると声が震えたり声が裏返ったりした。今まで色んな女の子と遊んできたがこんな経験は初めてだった。

時間はどのくらいたっていたのだろうか俺は完全に寝てしまっていて美里に背中を向けていた。美里からの【抱きしめ】に目が覚めて起きた。俺はびっくりした。

ただ無言に俺を抱きしめる美里、はたして寝ぼけているのだろうか?もう今しかないと思った俺は美里の方を向きそっと抱きしめた。すると美里も俺を抱きしめてくる。

俺はもうここで理性が働かなくなりいきなり耳の中や首筋を舐めまくった。物凄いいい匂いだ。俺の家のシャンプーの匂いもした。美里は「あ、はんっ!あんっ」と感じている。

俺も次々に攻撃にでる。胸をTシャツの上から揉んで荒っぽくTシャツを脱がした。推定Dカップだった。乱暴に(理性が壊れた為)乳首を吸い指先で転がし太ももを下から上へ触った。

パンツを脱がせるのは簡単だった。俺のトランクスだったためウエストが大きかったからだ。もう前戯は荒かったというか激しくした。すぐクンニもした。

顔を近づけると無味無臭のオメコを舐めまくり吸いまくりで美里の声は「あぁ~もぅ~あっ~、はぁ!」と部屋中に響き渡っていた。

まだキスはしてない、美里の顔付近に顔を近づけると美里も興奮しているのか美里からキスを迫ってきた。舌を絡ませ、キスだがいやらしい音がでるキスをした。

キスをしながらアソコは痴液と俺の唾液で濡れ濡れなのですぐ指が入った。俺の指が締められるのがわかるくらい締りが良かった。指使いもあえて乱暴にして物凄い速さでピストンと上下運動を繰り返した。

キスをしながらいやらしい音をたて、美里のアソコでもいやらしい音が響き渡っていた。もう部屋中は「ピチャ、ピチャ、クチャ、クチュッ」が連呼している。

そして俺の口の中で美里が「あ~もうだめぇ~」と言うが俺の手は休むことをしらない。「あ~いくぅ~、あぁぁ~」と拍子に腰が上にビクッとなり美里はイッタ。

俺は中指についている美里の痴液を美里の口の中に入れた。すると美里はそれをペロペロ舐めたのだ。ここで気づいたのだが俺はドS、美里はドMだった。

今度は左手で美里のクリを右手で美里のオメコを攻撃した。5分も立たないうちに「あ~やめてぇ~、もうだめっ!あぁぁ~」と叫ぶ。すると今度は綺麗な潮吹きが見られた。

もう美里は息が「はぁはぁ」と言っているがここで一呼吸おいたら興奮度が下降するからそのまま美里の顔に息子を近づけた。すると綺麗な白い手でゆっくりしこってくれる。

俺はベットに座って美里はベットの1段下に正座して舐めている。なぜだかテクは風俗嬢以上!ちゃんと玉袋を吸って裏筋を舐めている、俺は一言も言わないのに男の急所を知っていた。

前立腺の一番感じるところをゆっくり舐めていたときもう我慢できなくなりそのまま美里の口の中に出した!美里は綺麗に飲んでくれて、お互いベットに戻った。

俺は発射したのだがこれは計算だった。自分がここまで理性を失って萌えている以上、俺の息子は奮起してくれるはず、しかも挿入してからの時間が稼げるとおもったからだ。

ベットに戻ってからはすぐシックスナインを開始した。俺は時折「あぁ~おいしいよ」と言うと美里は興奮するのかフェラに力が入る。そしてまた俺がいきそうになった。

実に美里のフェラは最高だ!ここでとりあえず体勢を組みなおして美里に近くあったバンダナで目隠しをした。美里はまったく抵抗はしなかった。というより一層美里の興奮が高まり声も大きくなり姉をはじめ家族中に聞こえていただろう。

そんなことを知る由もない俺は攻撃、攻撃、攻撃に入る。美里のオメコ入り口に俺の息子ををスリスリして「入れて欲しい?」と聞くと「うん」と美里は言う。しかしそこでもちろん挿入はせず、「入れてくださいは?と聞くと美里は小さい声で「入れてください」と言った。

俺はそれでも美里をじらしていたがとうとう挿入した。なんて暖かいんだ!中はミミズ千匹という例えがあるがまさしくそんな感じで腰も振っていないのにいきそうな感じだ。

ヤバイ!10秒も持たない!と思った俺はひとまず息子を抜き、「やっぱりあげない」というと美里は「入れてください」と恥ずかしそうに言う。俺は再度フェラを要求し、3分くらいで2回目の発射を迎えた。

やっぱり人間は可愛い人間なら何度でも回復するものだ。発射後も舐めてもらっているとすぐに息子がきゅうりになった。


きゅうりに変身したのでもう大丈夫だろうと再び挿入した。すげ~これがまさしくミミズ千匹や~と思った。指でいかして息子でいかせないのは恥ずかしいと思った俺は頑張った。いきそうだが突いてついて突きまくった。

本当にやばいときは一旦抜いて体勢を変えた。そして騎乗位の時だった。美里が上に乗った瞬間、物凄い勢いで美里は上下運動をする。しかも体をクネクネしながら・・・。

騎乗位なのに音が「プチュ、チャプッ」と聞こえてくる。美里はこの体位が1番好きなようだ。俺はまったく動かずひたすら美里が声を出して動いている。

俺は気持ちよすぎて歯を食いしばった。「あ~我慢できないよ~」と俺が言うと「あぁぁ~気持ちいい~いきそうぅぅ~」と美里が言う。俺はもう我慢の限界で軽く美里にタップした(プロレスとかでやるやつ) 生だったんで中にだしてはいけないと思ったからだ。

しかし美里は腰の動きをやめない。俺は振りほどこうとしたのだがひたすら腰を振っている。「あ~めっちゃ気持ちいい~、もう俺いきそうだからマジでやめて~」と言うと「イっていいよぅ」と言ってきた。

びっくりした。俺はもう中で出す、外で出すという理解が分からなくなってしまい思いっきり中で発射した。俺は終わった、どうしよう・・と思ったのもつかの間、抜いてもいない状態でそのまままた腰を振り出した。

少し小さくなっていた俺の息子はあまりの気持ちよさに再びきゅうりに変化した。美里はヒートアップしていく・・・。俺も5分も経たない内に発射が近づいていった。

このままではまずいと思い、自分が有利な体勢に持っていった。抜かずにバックの体勢にチェンジ!「パン!パン!」と音が綺麗に奏でて、それと同時に「あぁ~ぁ、はぁ、はぁ、気持ちいい、もっと!」という美里。

俺はバックをしながらクリを攻めた。これが効いたみたいでイク。そしてまたイク。3分起きにイクを繰り返しているようだ。俺はバックではあまりいかないほうなので自信満々にピストン運動を繰り返した。

どれくらい時間がたったのだろう。カーテンから薄く空の明るさが見えてきた。そろそろ最後のフィニッシュを迎えようとして正常位にチェンジ。

もうシーツはビショビショだがそんなことは気にしない。お互いのお腹や足、全身に精子や愛液がどっぴり着いているからだ。

俺は正常位で高く足を持ち上げ奥まで突いた。「あぁ~もうだめぇ~、またいっちゃう~あぁ~」俺は加藤鷹なみに「ここだろぅ?」と言いながら腰を振り続けた。

そして最後を迎えた瞬間美里が今までに無いような声で「あぁ~うん~イク~ううう~あぁぁ~」と言った。俺もレイザーラモンの2倍位の速さで腰を振った。そして最後も中にいっぱい出した。。。。。。。
 
美里と俺は失神したかのようにそのまま意識がとんだ。昼の14時過ぎだった。目が覚めたというか意識が回復したのは。美里もすぐ目を開けた。

そして「ベット汚しちゃってごめんね」というので俺は「いいよ」と言ってキスをした。受け止めてくれキスを返してくれた。そして部屋を2人で片付け美里は帰宅の準備を始めた。

俺は美里が帰る際、「俺達どうなるの?」と聞くと「どうしよっか?」と聞いてきた。俺は「もう一度釣りに行こう」と言うと「うん」と返ってきた。

そして何事も無かったように時間が過ぎた。ただ普通にメールしたり電話したりした。そこからあまり時間はたたなかった。1週間後、またこの前と同じ漁港に来た。

「今日も仕掛け作ってきているからそのまま投げてしゃくって」というと「わかった~」という美里。俺は美里にロッドを渡す前に自分でエギを投げた。そしてそのロッドを美里に渡した。

しばらくすると美里が「えぇ~もうきたよ!」と喜んだ。「よかったじゃん!」と俺が応援する。「なんかでも少し、小さいかも~」と言いながらリールを巻く美里。

上がってきたのはエギにしっかりフッキングさせといた指輪箱だった。「なにこれ~?」と美里が言う。「あけてみな」と俺が言う。

「うわぁ~綺麗な指輪!」「結婚前提に付き合ってください」「は、はい、ありがとっう」こうして俺と美里は付き合うようになった。


そして今現在はイカ釣りで釣り上げイカせまくりイカづくしだった美里は俺の横で眠っています。可愛い2人の子供と一緒に・・・・

元スレ:http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/fish/1141386322/