bb01
24歳の女性店員のAカップ胸を撫でたりお尻の大きさをメジャーで計った【職場であったエロ】


前回、携帯ショップに勤めてる同僚同士(男3人女1人)で飲み行き、酔った勢いで24歳の女性店員のおっぱいを触って大きさを確認することに成功した。

そんな俺たちは彼女の誕生日が近いので、お祝いを兼ねて、カラオケで飲んで愚痴って、別の店で飲み直した。相変わらず飲んで酔った彼女はエッチな質問にも答えてくれる。

また胸の大きさの話になって連携プレイでブラウスを脱がしてしまう。そしてブラを外したタンクトップの上からAカップ胸を揉んだり撫でて触り比べる。

悪ノリした俺達は今度がお尻だと、ズボンを脱がしパンティ姿から更に半ケツ状態までずり下げてメジャーで計った職場であったエロ。

携帯ショップの女性店員のおっぱいの大きさを触って確かめた【職場であったエロ】
http://erogazosk.gger.jp/archives/31014605.html


今回はカラオケに行きました。彼女は、再来週に25回目の誕生日を迎えるので、ちょっと早いのですがお祝いする事にしました。メンバーは前回と同じ、彼女と男たち3人です。(彼女の名前は、久美。男たち別にどうでもいいと思うので、男たちのままです。)

1人7000円づつ出して、ちょっとオシャレなネックレスをプレゼントしました。もし、彼女が気に入らなかったらどうしようと思っていましたが、どうやらお気に召してくれたようです。

本日の久美ちゃんは、黒のタンクトップの上に白いブラウス、そして白いパンツ姿、白いヒールの格好で、相変わらずのパンティーラインをサービスしてくれます。(このズボンでお店にでるから、もう、気が気でなくて・・・。)

そして、カラオケ店に入り、3時間のうち、約半分の時間は久美が歌っていたと思います。カラオケで飲んで食べて愚痴言って、3時間も過ぎると、歌も出なくなり、飲みなおそうと言うことになりました。

前回の居酒屋さんとはすぐ隣の店舗にあるので、一同、そこへ向かいました。さすがに週末だから混雑していましたが、唯一空いていた、奥の大人数用の座敷に案内されると、座るや否や、久美は「言っときますけど、変な事したらもう口聞いてあげないですからね!今日は、久美のお祝いなんですからね。楽しく飲みましょうね♪」と。

男たちは「変な事ってなに?なにかされた事あるの??」と聞き返すと「もう!信じられない!!」と言って、顔を赤らめてきました。そして、飲み始めて数時間もすると、相変わらず酔った彼女はどんな質問にも答えてくれます。仕事のこと、彼氏のこと、Hのこと、そして、前回のことと・・・。

久美は、恥ずかしいそうに口を開き「前回はとっても恥ずかしい目にあったけど、もう怒ってないですよ。」と言っており、ホントはすごくビックリしたとも言っておりました。

すかさず、男が「じゃあ、また、前回の続きでもしますか!ね、皆さん!!」と。久美は「やだ、反対!また久美だけ変なことされちゃうんだから!脱がないからね!絶対に!!」と言いました。

ですが、酔った男たちは、久美に対し、相変わらず卑猥な質問攻めをしています。「久美ちゃんのお尻はもう最高だったけど、胸はAカップじゃない?」「久美ちゃん、今日のパンティー、水色でしょ?ブラとお揃い?」「久美ちゃん、・・・」「久美ちゃん、・・・・」「ねぇ、久美ちゃん、・・・」と。

もう、久美は酔っているせいか、恥ずかしいのか、ずっと顔を赤らめています。そのうち、男の1人が脇から、久美の胸を触ろうとしたら、「ダメ!」って感じで避けられたのですが、スキをついて、2回目のチャレンジで触りました。

「もう、相変わらず飲むとHなんだから!離しなさい!」って感じで、男の手を叩きます。でも、久美は酔ってきているので、だんだんと抵抗もしなくなりました。「あれ?やっぱり、Aカップかも?どう思う?」なんて話になり、男3人で久美の胸を触り比べることになりました。

「ブラが邪魔なんだよね、やっぱり。これじゃぁ、なぁ・・・。よしっ!外そう!!」と言って、タンクトップの後ろに手を入れホックをはずしてしまいました。「ちょっと、なにしてるの?やだ、もう、信じられない?」

そして、連携プレイで彼女のブラウスを脱がせることに成功し、さらにタンクトップからブラを抜き取る事に成功しました。うずくまるような姿勢の久美は「やだ、信じられない!?脱がないっていいたじゃない!返してよ、もう!!」と抵抗しますが、水色のホカホカのブラは久美の元には戻らず、またも男のポケットに収納されました。

久美は、タンクトップの上から片手で胸元を押さ、もう片方の腕で抵抗していますがそんな姿をみて男たちは大喜びです。「じゃあ、もう1回チェックしたら返すから!ね!」と言い、胸を触らせてくれるように頼みました。
 
もう、こうなったら男たちは折れないことを知っている彼女は、躊躇したあげく「じゃあ、約束だからね。変な事したら怒りますからね!」と、組んでいた腕をそっと外してくれました。


タンクトップの上からですが、1人は、久美の正面から両手で胸を撫でたり揉んだりして、もう1人は後ろから、持ち上げるように揉んで、そして、もう1人は、恥ずかしそうな彼女の顔をじっと見ていました。

やはりAカップのですが、恥ずかしそうに小刻みに揺れる彼女のタンクトップから、小ぶり胸が見え、一瞬ですが乳首が見えたような気がしました。

そして、1分ほどチェックし、硬い突起の部分触れ「あれ、これなに?久美ちゃん、これなに??」と聞くと「知らない。そんな事聞かないで! もうチェック終わりだってば。」ともう、彼女の胸の感触は、コリコリと硬くなっていている突起が目立ち、何もしなくても胸ポチ状態です。

開放された久美は「信じられない・・・、揉んだ・・・。やっぱり、変な事した。」と、恥ずかしそうな顔で胸元を隠しながら言いました。

「やっぱり、ブラがあるから小さく見えたんだね。Cだったよ!」と言ってあげました。「そうだって!久美はちゃんとCカップだもん!」

さらに男は、「でも形はいいよね!柔らかくて最高だよ!まだ、感触が残ってるよ!」とまたタッチしています。「もう、H!!最低!」と彼女は男たちの手を優しくパチッっと叩きました。男たちは、もう溶けそうななんとも言えない顔しています。

卑猥な行為はさらに続き、理性の壊れつつある男たちは「久美ちゃん、今日はブラとパンティーはお揃いなの?見たいなぁ・・・。」と言うと「さぁ、どうでしょうね・・・。ダメです!下は絶対に脱がないですからね。」と。

「じゃあ、チェックしちゃおうかな!」と、お約束のような流れになりました。男たちは彼女の両脇に2人と正面1人の位置に陣取り、カップルが腕を組んで歩くように、両腕を組み立ち上がりました。

「ちょっと、ダメ!言います、お揃いです。水色のセットです。」と白状しましたが、彼女をヒザ立ち状態にし、ぶら下がるような格好の彼女の正面からベルトをカチャカチャと音を立てて緩め始めました。この金具の音を聞いて、久美は小声で何かを言っていたようですが、聞き取れないくらいの小さな声でした。

「ダメ!下は脱がないです。裸にしないで、お願い!」と暴れますが、ベルトを外し、ファスナーをおろし、両腕を組まれた状態で彼女は立たされ、自然にズボンが下がってくるのをじっと鑑賞しました。

クネクネと動く彼女の、タンクトップから彼女の小ぶりの胸(横乳と乳輪)まで見えてしまい、Aカップでもプルプルと揺れていました。彼女はそんな所まで見られていることに気がついていません。

そして、ぴったりしたズボンをなかなか落ちず、仕方ないのでズボンの裾あたりをゆっくりと引っ張り、少しづつ下ろしました。「ちょっと、ダメだってば!こんな所で裸にされちゃう、ああ・・・。」と、ズボンを足首から抜いてやると、もう彼女はさらし者のような姿で、耳まで真っ赤な恥ずかしそうな、なんとも言えない表情になりました。

もう、信じられないといった感じで声すら発しません。同じ職場の篠原涼子風の彼女が・・・ナイスバディとまではいかないが、細身でいつも身近にいる彼女が・・・ノーブラで胸ポチしたままで、そでの部分から横乳が見えている状態で・・・タンクトップとパンティー姿のまま、男2人に抱えられて立っています。

僕らヘタレ男たちのお姫様、久美がこんな姿になるなんて誰が思ったでしょうか。もう、そのシュチエーションに男たちも下腹部が膨らんだ状態です。ほぼ、50センチほどの距離でしょうか、真正面から彼女のパンティー姿をじっくりと鑑賞したあと、パンティーと顔を交互に見比べました。

「やめて!もう、見ないで!」とクネクネ動きます。「今日は、上下セットだったんだね。こんなの履いてたんだ・・・へぇ~。」「もう、見たでしょ!早く、戻して!誰か来ちゃうでしょ!!」

「後ろは、どうなってるの?また、Tバック?」「そんなの持ってない!普通のヤツ!」「じゃあ、最後にお尻だけね。」と言い、今度は180度に反転しました。

そこで思わず、男たちも「おおっ!」と静かな歓声をあげました。どうやら、ズボンを脱がした時に、パンティーもズレたようで、お尻のワレメも5センチほど見えていました。

詳しく説明すると、久美のレースの付いた、薄いブルーのパンティーで、抵抗したせいか、パンティーが食い込み、足元の左半分がめくれ上がり、お肉が半分出ている状態で、上からもズリ落ちていて、割れ目も見えています。

ほぼ、お尻をさらしている状態で、もはや、パンティーの役目などしていません。ただの布切れと言った感じです。真っ白なお尻がかわいらしく「すごい事になってるよ、久美ちゃん」と聞くと「やめて・・・・。恥ずかしいから、言わないで」か弱い声で答えます。

そして、なぜか男の一人が紳士服店で見かける、紙製のメジャーを取り出し、「ちょっと、サイズでも測ってみようか!」と信じられない事を言い出しました。(後日談になりますが、いつか久美の胸のサイズでも計ろうと思ったらしく、取っておいたそうです。)

組んでいる腕を徐々にはずしつつ、今にも座り込みそうな彼女のお尻のサイズを測ります。何かを察知した彼女は、ここで暴れ始め、うまく計れずにいると、男が「え~っと、じゃあ92センチ」と答えました。

「お、いいねぇ!」と、歓声がもれる中、なんと、彼女は「そんなに大きくないです!!」とチョットだけはっきりした口調で答えました。ズレてるパンティーのおかげで微妙にサイズがズレたのか、暴れるからズレたか、分かりませんが、もう1度計ることにしました。

男たちは、腕を放し、彼女のお尻の前で肩ヒザついたような格好で、か弱く立ち上げる彼女のお尻に注目しました。「ほら、動かない。これ(パンティー)があるから、うまく計れないんだね、きっと!」と言いつつ、パンティーに手をかけ、お尻の下までズリ下ろしました。

お尻だけを露にするような脱がし方だったので、秘部までは見れません。「あっ、ダメ・・・」と小声で言いつつも、我々3人の目の前、約10センチのところで、あの久美の生のお尻が披露されました。

男3人は舐めるように顔を近づけ、3人がかりで採寸しました。メジャーが曲がらないようにお尻を抑えたり、触ったり、撫でたり、揉んだり、開いたりして採寸を終えました。

サイズは82でしたが、「80!」と答えたとたん、採寸は終了し、彼女はその場でヘタリこんでしましました。ちょっと、崩れた正座の格好でいて、お尻を開いた状態で座るので、一瞬ですがヘアーらしき影が見えたと思います。さすがに、秘部を触る事はマズい思いつつも、ちょっとやり過ぎ感が残りました。

「もう、ヒドい、信じられない。脱がないって言ったのに!!」とお尻を出した状態のまま、怒っています。「だって、そんなにかわいいお尻があったら、誰だってこうなるよ。」とか言いながら、先ほど脱がしたブラウスを肩に羽織らせてあげました。

彼女はパンティーを直し、ブラウスを胸元にあて、男たちを何回も強く強く叩いてきます。パンティー姿のまま、真っ赤な顔で、目を潤ませ、髪を振り乱し、ノーブラで胸もプルプル揺らし、お尻もフルフル揺らしながら・・・・

「ヒドい!誕生日なのに、もう!最低!H!」と言い、目の前でズボンを履き、バッグを持って、座敷から出て行ってしまいました。追いかけようとしたのですが、3人とも勃起状態で、座敷の向こうには人が数人いたこともあって、追いかけられませんでした。

本当は、余韻に浸りたかったのですが、やり過ぎた感が強くなり、反省しました。今度、3人で謝罪しようと決めました。一応、メールで「悪酔いして・・・・」とすぐに入れておいたのですが・・・返事はありませんでした。

思えば、本当に楽しかった1ヶ月が終ってしまった感じで、淋しい思いでいました。前回の飲み会で、男たちに妙な友情が芽生え、彼女を大事に大事に扱い、仲間のために残業したり、一緒に上司から叱られたり、ヤクルト4本買って乾杯したり・・・。沈黙は続きます・・・・。

そして、沈黙はどれくらい続いたのでしょうか・・・・。店員さんが大きめのグラスに入った、冷たい水を4つ運んできました。今の我々には酒より、水の方が似合っていると言った感じでしょうか、テーブルの食器類を全部片つけてもらい、グラスだけにして店員は出て行きました。

すると、店員と入れ替わるように彼女が戻ってきました。「ねぇ、これ、本当にいいの?」と聞いてきました。彼女の胸元には、先ほどプレゼントしたネックレスが飾られていています。

暗いカラオケBOXでは良くわからなかったみたいですが、明るい店内で見たら改めて驚いたようです。プラチナと宝石の付いたネックレスで、専用のケースも付いた、2万円の割には高価そうに見える代物です。

久美が、そっと座席に戻ると、男たちはなぜか正座をし、少し会話をしました。「ねぇ、だって、久美は彼氏いるから付き合えないんだよ。それになのにこれって・・・。」「久美ちゃんには、いつもお世話になっているし、これぐらいしなきゃ!」

「でも、お給料安いって言っていながら、こんな事してもらっちゃって・・・・。」「いいって、いいって、それ以上の感謝もしてるし!」穏やかな表情の彼女が、大事そうに両手でネックレスを握り「ありがとうございます。大事にします。本当に嬉しいです。」と笑ってくれました。

救われました・・・・・。あの久美の笑顔に全てが救われた感じです。「あの、ゴメンなさい。さっき、思いっきり叩いちゃって・・・。痛かったですか?」「大丈夫、大丈夫!気にしないで!」と会話しました。

少々、高価ではありましたが、予想以上の結果を残してくれたネックレスにも感謝です。どうやら、お水を頼んでくれたのは、彼女のようで仕切りなおしの意味があったようです。

「なんだか、いろいろあって、お腹空きましたね。何か頼みましょうか?」と。その後は、4人で30分ほど談笑し、仲良くお茶漬けを食べてその場で解散しました。今思うと、なぜか、あのお茶漬けが美味しくて美味しくて・・・・。


一応、これで終わりなのですが、何となくですが、これ以上の展開はもう望めないと思います。ヘタレと言われようが、今は、この4人の関係を維持していきたいと考えています。

そして、その結果、我ら男たちは、今回の余韻をティッシュに込める事になるでしょう・・・・。PS.隠したブラは記念に保管しようと思います。久美が気がつくまでは・・・。

携帯ショップの女性店員に飲んだ勢いで悪戯した男達の後日談【職場であったエロ】
http://erogazosk.gger.jp/archives/31312235.html


元スレ:http://sakura01.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1096838367/