1
フランス語の発音のコツはこれ

フランス語を身につけるにあたって、大きな鍵を握っているのが、発音であるといえます。正しい発音は、現地に行って日常会話で身につくというものではありません。

移民の多いフランスでは、それだけなまりも飛び交っていますし、フランス人同士でも、公的な場を離れて友達同士で会話するときでは、ある種の発音が省略されたりもします。

地方へ行くと、知らないうちに方言が身についてしまうこともあるでしょう。ある程度フランス語に慣れるまでは、テキスト付属のCDやラジオ講座などを忠実に模倣する方法が、近道だと思います。


フランス語の母音は全部で16あります。発音のポイントは、音声を発する前に唇や舌の形を作っておき、終わるまでその状態をしっかり維持することです。

フランス語の母音を上手に発音するには、唇の動きがとても重要です。日本人は唇の動きがおとなしいので、鏡を使い、唇の体操をするとよいでしょう。

口を閉じたまま唇を前後に動かしたり、逆に大きく開けたまま、唇を前後に動かしたり、バリエーションをつけながら柔軟に動かせるようになると、母音の使い分けも上達してきます。

個々の単語をつないで文章を読むときには、フランス語らしい響きを生むための独特の流儀があります。例えば、
Elle habite a Paris.(彼女はパリに住んでいる)の個々の単語の読み方は、エル アビット ア パリですが、実際は、エラビタパリと続けて発音します。

これがアンシェヌマンです。また、
un hotel(一軒のホテル)アン オテルは、リエゾン(連音)して、アノテルになります。単語のアクセント自体は普通、最後の音節にあります。

もちろん例外もありますから、それを押さえながらフランス語の読み方の法則をマスターして、可能な限りなめらかに言葉が続くようレッスンすることが大切です。