1
フランス語で挨拶するとき午前午後問わず使えるのは?

フランス語で挨拶するとき、午前午後問わず使えるのは、Bon jour(ボンジュール)です。親しい間柄なら、Slut(サリュー)と言います。これも、昼夜兼用で使えます。

そのあと、英語の
How are you?にあたるComment allez-vous?コモンタレヴー?)と聞かれたら、Merci, je vais bien.(メルシ、ジュヴェビヤンありがとう、元気です)と答えます。

フランス語のさようならは、
Au revoir ( ルヴォアール)ですが、フランスを旅行中なら、Bon voyage(ボン ヴォヮイヤージュ、よい旅行を)と声をかけてくれるかもしれません。

フランス語では、
a+時で時の表現が出来ます。次の出会いを約束するときは、a lundi  (月曜に)a Noel(クリスマスに)などと声を掛け合って別れます。



フランス語の「ありがとう」がMerci(メルシ)だということは、誰でも知っているかもしれませんが、実は、フランス人は、「どうも」くらいの軽い感じでこの表現を口にするのです。

感謝の気持ちを伝えるには、もう一語付け加えて
merci beaucoup(メルシ ボクー)と言いましょう。また、夕食やお茶に誘われたときに、了解するつもりでMerciとだけ答えると、「結構です」と言う意味になってしまいます。

答えるときは、
oui(はい)か、non(いいえ)かをまずはっきり表示しなくては伝わらないのです。このフランス語の場合、承諾するなら、Oui,merciです。断るならNon,merciと言います。


フランスの旅先の雑踏でひじがぶつかってお詫びしたいとき、相手が言ったことが分からないのでもう一度繰り返してほしいとき、何か質問したいとき、すべて、
Pardopn?(パルドン?すみませんがー)の一言で通じます。

相手が女性なら、
Pardon madame(マダム)男性なら、Pardon monsieur(ムッシュー)と付けるのが自然です。


もうひとつ、覚えたいフランス語の言葉は、
S΄il vous plait(シルヴプレ)です。お店でも、ホテルでも、ほしいものの後に一言添えるだけでいいのです。

例えば、コーヒーを注文したいなら、
Un cafe ,s΄il vous plait、ポストの場所を知りたいなら、La poste s΄il vous plaitでОKです。

おぼえたフレーズは、日常会話で使うほど定着するので、どんどん使ってコミニュケーションに役立ててください。